「亡き父の保険金で車を買え!」引きこもり長男との戦い

11月23日(水)7時0分 NEWSポストセブン

62才女性が引きこもりの長男との戦いを語る

写真を拡大

「自らの半生を見つめ直し、それを書き記すことによって俯瞰して、自らの不幸を乗り越える一助としたい」。栃木県の吉岡清子さん(62才)は、そんな思いから手記を寄せた──。


 大手電気工事会社の下請け会社を経営していた吉岡さんの夫は14年前、55歳であっけなくこの世を去った。「鬼の親方」と恐れられていた夫が亡くなると、問題行動が多かった長男が引きこもり状態になったのだ。


 * * *

 家の中で生ごみ化している息子を、このまま放っておくわけにはいきません。顔を合わせれば、息子を責めたて、「出て行けっ!」と床のごみを投げつけると、「てめえこそ出て行け。おれは長男だ。ここはおれの家だ」と、息子も投げ返してくる。


 こんなことをいつまでしていても何にもなりません。何とか抜け出す道はないか。私は、市役所、病院、保健所と、思いつく限り走り回りました。そしてたどり着いたのが児童相談所でした。


 息子の機嫌をとって検査にこぎつけた結果、診断されたのが「学習障害」です。こだわりが強く、ひとつのことに異常なまでに興味を示す、という診断でしたが、腑に落ちるところもあれば、まったく違うと思う点もあります。


 引きこもっていた時期の息子のこだわりはゲーム。昼夜、逆転の生活で、部屋は荒れ放題になりましたが、18才の誕生日の直前になると突然、「運転免許を取る」と、自動車学校に通い出しました。朝から晩まで、車、車、車。あっという間に運転免許を取った息子は、とても生き生きしていました。


 思えば、子供の頃からそうでした。私に期待を持たせることが、ときどき起こるのです。この時も、運転免許を取ったことがきっかけになって、仕事に就いてくれるのではないかと、そう思った矢先です。


「車、これに乗るから」と、私の前に差し出したパンフレットは、日産ウイングロードのライダーで250万円。


「仕事もしないで、新車に乗るの!?」


 期待した分、息子の行動に腹を立て、ついつい言葉が激しくなってしまいます。


「新車にでも乗らねえと、誰も相手にしてくれねぇんだよ」



 いったん、欲しいものができると、手に入れるまで私の後ろをついて回って、暴言を吐くのは、子供の頃から。車に取りつかれた息子に、父親の死はもっけの幸い。


「残念だな。言いつける父ちゃんがいなくてよ」と言ったかと思えば、「父ちゃんの保険金、あるの知っているんだからな。出せよ」と、朝から夜寝るまでその繰り返し。


 その時は、「2番目に欲しい」という、シーマの中古車150万円に落ち着きましたが、スポーツタイプなので、自動車保険に38万円も払いました。


 もちろん私だって、黙って無職の息子の言うことを聞いていたわけではありませんが、欲しい車が出てくるたびに、息子の暴言は激しさを増し、いつしか「ぶっ殺す」という言葉が、頻繁に出てくるようになりました。


 そんなある日のことです。新聞を読んでいたら、「趣味を生かして職業にする」という記事を見つけました。


 私の目が止まったのは、ティーインストラクターの免許を取って、喫茶店を開くというものです。紅茶が大好きな私は、よし、紅茶の免許を取って喫茶店をやろう。そうすれば息子も一緒に働くことができると、胸を躍らせました。


 それがやがて、息子と私を破滅させる第一歩になったのです。

(つづく)


※女性セブン2016年12月1日号

NEWSポストセブン

「引きこもり」をもっと詳しく

「引きこもり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ