【インタビュー】舞台「ピサロ」宮沢氷魚、渡辺謙との初共演に「謙さんの持つ強さや覚悟を間近で見て学んでいきたい」

11月23日(土)12時0分 エンタメOVO

アタワルパ役の宮沢氷魚

写真を拡大

 新たに生まれ変わるPARCO劇場のオープニング作品として、渡辺謙が主演する舞台「ピサロ」が2020年3月13日から上演される。本作は、太陽を父とする帝国2400万人を従えるインカの王を、粗野な成り上がりのスペイン将軍ピサロとならずもの167人が生け捕りにしてしまうという、インカ帝国征服を主軸とした物語で、1985年に山崎努主演で上演された作品だ。当時、渡辺はインカの王アタワルパを見事に演じ切り、世に名を知られるきっかけを作った。今回、その渡辺の後を継いで、アタワルパ役を演じるのは宮沢氷魚。壮大なスケールで展開する本作への意気込み、そして渡辺との初共演への思いを聞いた。



−まずは、本作への出演が決まったときの心境を教えてください。

 PARCO劇場のこけら落とし公演に出演できることはとても光栄で、それだけでも幸せなことなのに、役を聞いて本当に驚きました。僕が演じるアタワルパは、今回主演される渡辺謙さんが以前に演じられていた役で…。夢のような不思議な感覚になりました。

−プレッシャーも感じましたか。

 最初にこのお話を聞いたときには、プレッシャーよりも楽しみがありました。今ももちろん、そうなのですが、ただ、台本を読んでその重厚さは感じています。

−台本を読んだ感想は?

 この作品は、フィクションではありますが、歴史上の出来事を描いているので、とても勉強になりましたし、もっと知りたいという好奇心が湧きました。本当はどんなことが起こったのかをリサーチしながら台本を読んだのですが、新しい発見も多く、ある意味、教科書を読んでいるような感覚になりました(笑)。台本を読むことでその時代にタイムスリップできるので、稽古が楽しみです。

−宮沢さんが演じるアタワルパという役のどんなところに魅力を感じますか。

 アタワルパは自分を「太陽の子ども」だと考えていて、インカ王国は彼をひたすら信じてついていきます。今の時代、そういったことは、なかなかないことですよね? アタワルパも、そしてピサロも多くの人から愛されて、信用されている。そこまで慕われているのは、決して太陽の子どもだからというわけではなく、彼らの人間性や存在感からだと思います。だからこそ、演じる上では、包容力や自信を出していければいいなと思います。台本を読めば読むほどアタワルパの偉大さが伝わってきて、それがアタワルパを構成する上で大事なことだと思うので、僕はそれに挑戦していかなければならないと思っています。

−本作に限らず、役作りにおいて心掛けていることはありますか。

 見た目から作っていくと、自然とそこから何かが生まれてくると思うので、見た目も大切にしています。今回は、体を大きくしようと思っています。そうすることで、自然と自信が出てくると思うので…。これまで、健康的に見せるという意味で筋トレをしたことはあるのですが、体をがっつり大きくしたことはないので、まずはそこからかなと思っています。

−具体的にはどのようなことをする予定ですか。

 まずは筋トレ。それから、普段から走ってはいますが、さらに走り込もうと思っています。劇中では、アタワルパは立っているだけの時間も多いのですが、実は立っているだけって難しいんですよね。動いているほうが圧倒的に楽だと思います。その立ち姿にスタミナや忍耐力が必要になるので、走ります(笑)。

−今回、渡辺謙さんとは初共演になりますね。

 緊張しかないのですが、今回、僕は謙さんとのシーンが多いので、本当に光栄なことだと思っています。

−アタワルパは、85年の公演で渡辺さんが演じた役です。今回、その渡辺さんを目の前にして同じ役を演じることになりますが、それについてはどのようなお気持ちですか。

 すごくありがたいことだと思っていますが、謙さんがアタワルパを演じられた1985年の公演とは演出家も違いますし、キャストも謙さん以外は全員違いますから、全く新しい作品だというふうに捉えています。当時の映像もあるらしいのですが、それに引っ張られてしまいそうなので僕は見ないようにしています。僕と今回のキャスト、スタッフの皆さんで作ったアタワルパを演じたいと思っているので、分からないところは謙さんに助けてもらいつつも、新たに、自分で作っていけたらなと思います。

−渡辺さんと共演することで、どんなことを吸収していきたいですか。

 学ぶことばかりだと思います。謙さんはハリウッドでもご活躍されていて、キャリア的にもさまざまなことを経験されて、それを乗り越えてこられた方だと思うので、謙さんの持つ強さや覚悟を間近で見て学んでいきたいと思います。

−重厚な舞台作品への出演が続いていますが、舞台に立つことでご自身でも成長を感じていますか。

 初めて舞台に立ったときは、正直怖かったんです。それまでにも舞台をいろいろと見ていて、生のお客さんの前で、すごい量のせりふを覚えて演技をして…本当に舞台に立つ人はすごいと思っていました。超人的というか…。なので、いざ、自分がそこに立つとなったときには、不安ばかりでした。でも、いざやってみたらなんとかこなすことができた。プレッシャーも重圧もありますが、だからこそ、それを乗り越えたときに、強くなれるのかなと思います。舞台は密度が濃い時間を過ごすことができるので、役者としてすごく成長できていると思います。

−宮沢さんは映像作品でも活躍されていますが、舞台に出演することに対してはどのような思いを持っていますか。

 役者をやっていく上で、常に上を目指していきたいと思っているので、自分自身を成長させるといった意味でも、大きく成長できる舞台はこれからも続けていきたいです。舞台を終えた後は、本当に役者をやっていて良かったと思えるんです。映像はその後も残っていくものですが、舞台はそのときだけのものなので、そこに尊さを感じます。後には残りませんが、ともにした時間は今でもすべて鮮明に全部覚えています。それだけ強い思いを持ってやっているんだと思います。

−今後はどのような役者になっていきたいですか。

 役者さんたちに「宮沢氷魚と共演してみたい」と思ってもらえるような役者になりたいですし、演出家さんや監督さんに「ぜひ、宮沢氷魚でやりたい」と思ってもらえる役者になりたいです。

−最後に、改めて公演への意気込みと楽しみにされているファンの方々にメッセージを。

 本作を楽しみにしてくださっている方たちの期待に応えたいと思っています。1985年の公演とはまた違ったものになると思いますが、新しい「ピサロ」を作る気持ちでこれから稽古に挑んでいきたいと思っています。

(取材・文・写真/嶋田真己)



 PARCO劇場オープニング・シリーズ PARCOプロデュース「ピサロ」は、3月13日〜4月20日、都内・PARCO劇場で上演。
公式サイト https://stage.parco.jp/program/pizarro/

エンタメOVO

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ