吉岡里帆「涙が出てしまうね」マネジャーと喜び分かち合う ハスキー気味の声で授賞式に

11月24日(金)21時49分 MAiDiGiTV


 女優の吉岡里帆さんが、ファッション誌VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」(コンデナスト・ジャパン)が「今年、さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せた女性たち」に贈る「VOGUE JAPAN Women of the Year 2017」に選ばれ、11月24日に東京都内で行われた授賞式に出席した。吉岡さんは受賞について、「まずは喉がガラガラですみません」とハスキー気味の声で話し始め、「(現在)映画を撮っていまして、半年間歌唱のレッスンをさせていただいて、先日歌を歌うパートが終わり緊張が解けてしまいまして、まだ今年終わっていないのに……申し訳なく思っています」とその理由を説明し平謝りした。

 吉岡さんは、ドラマ「カルテット」(TBS系)や「ごめん、愛してる」(TBS系)では初のヒロインを演じるなど、今年注目を集めたが「本当に賞をいただけてうれしく思います。ずっと一緒に頑張ってきたマネジャーさんと『涙が出てしまうね』と話しました。仕事を頑張ってきてよかったと心から思います」と喜びを語った。

 「VOGUE JAPAN Women of the Year」は、今年で13回目。今年は、吉岡さんのほか、お笑いタレントのブルゾンちえみさん、女優の木村多江さん、SONOYA MIZUNO(そのや・みずの)さん(欠席)、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイさん、振り付け師のMIKIKO(みきこ)さん、冒険家の南谷真鈴さん(欠席)、作家の恩田陸さんも受賞した。

 「VOGUE JAPAN』」が国内外のファッションシーンで活躍する新世代女性を応援するために贈る「Rising Star of the Year 2017」は、歌手のYOON(よーん)さんが受賞。授賞式のMCを担当したハリー杉山さん、ブルゾンちえみさんのバックの“WithB”として活躍するお笑いコンビ「ブリリアン」の2人も登場し、受賞者たちを会場にエスコートした。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

吉岡里帆をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ