高良健吾が5股をかける女優陣発表 石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ

11月24日(金)11時0分 オリコン

WOWOW『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』(2018年2月17日スタート)出演者=(上段左から)高良健吾、城田優(下段左から)石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ(C)WOWOW

写真を拡大

 WOWOW『連続ドラマW バイバイ、ブラックバード』(2018年2月17日スタート、毎週土曜 後10:00、全6話※第1話無料放送)で、高良健吾演じる主人公・星野一彦が5股=同時に恋愛関係にあった5人の恋人たちの配役が明らかになった。登場順に、石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ。城田優演じる怪女・繭美によって星野と“別れさせられるヒロイン”を演じる。

 伊坂幸太郎氏の同名小説(双葉文庫)原作の本作。5人もの女性と付き合える星野がうらやましいと感じるかもしれないが、星野は全員と確実に別れることになる。「繭美と結婚するから」という言い訳(?)で、星野と繭美が「バイバイ」を告げに女性たちのもとを訪ねていく日々を描く。5人の女性たちとの別れ、そしてその先に待ち受ける最終話。最後にひとりとなった星野の運命はどう転ぶのか。

 第3話に登場する如月ユミを演じる前田は「すんなりと別れられません(汗)。なぜならば、星野っちもユミもお互い自由で、話がとにかく噛み合わないんです。監督から『普通じゃダメ、星野と噛み合っちゃダメ』とたくさん怒られながら撮影をしていました(汗)。噛み合って怒られるというのが初めての経験でしたので、私にとって如月ユミという役は新たな挑戦となりました。でも、そうやって模索しながら演じたからこそ、『よくわかんないけど、バイバ〜イ!』って星野っちに言えちゃうような爽快さを、彼女から感じてもらえたら嬉しいです。さらに、3話はあの繭美が唯一アタフタするお話しなのでお見逃しなく!」とコメントしている。

 ほかにも、松村雄基、丸山智己、岡村いずみ、斎藤洋介、あがた森魚などが演じる謎キャラの数々が登場する。

■各話に登場する女性たち
▼第1話 廣瀬あかり…石橋杏奈
 不倫明け女子。フラッとひとりで訪れた苺狩りで星野と出会い、不倫地獄から救われる。かわいらしい見た目とは裏腹、繭美に対して臆することなく言い返す、気の強い性格。

▼第2話 霜月りさ子…板谷由夏
 バツイチのシングルマザー。元夫の浮気が原因で離婚後、息子の海斗と2人暮らしをしている。大手銀行勤務。映画『フレンチ・コネクション』のごとく、車を持っていかれ狼狽している星野のところにりさ子が通りかかり、星野の話に耳を傾けたことから交際がスタート。

▼第3話 如月ユミ…前田敦子
 ひとりキャッツアイ。ロープ一本で“ビルから降りたい”という野望を持つ。ロープ片手に怪しい恰好で深夜に徘徊していたところ、星野に声をかけられる。人が嘘だと思うようなことでも、信じてしまう不用心(?)もとい素直な女の子。

▼第4話 神田那美子…臼田あさ美
 ゴロ合わせ好きのリケジョ。耳鼻科で点滴をしていたとき、隣で同じく点滴をしていたのが星野だった。税理士事務所に勤めており、数字で物事考えるという変な癖がある。数字を見てゴロ合わせをするのが好き。鬼門の番号は元彼の名前で「105(トウゴ)」。

▼第5話 有須睦子…関めぐみ
 絶対に別れない女優オンナ。時代の寵児と呼ばれたディレクター担当のCM撮影で出会って以来、5人の中では一番長く付き合っている。サイボーグのようなマネージャーがいる。別れを促す繭美に「別れるつもりはない」と、毅然と立ち向かう。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高良健吾をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ