桐山連、瀬戸康史との3年ぶりの共演に「芝居の掛け合いは楽しみ」ドラマ『幕末グルメ ブシメシ!2』に出演

11月24日(金)22時5分 オリコン

『幕末グルメ ブシメシ!2』に出演することが決まった桐山連

写真を拡大

 俳優の桐山連が、2018年1月10日(水)よりNHKBSプレミアムにてスタートする、瀬戸康史主演のドラマ幕末グルメ ブシメシ!2』にオリジナルキャラクター新八役として出演することが決定。桐山が時代劇にレギュラー出演するのは、NHK 木曜時代劇『まんまこと〜麻之助裁定帳〜』以来、約2年半ぶりとなる。

 原作は、時代劇コミック誌『コミック乱』(リイド社)にて連載中の、幕末に実在した下級武士の日記を基にしたグルメ漫画『勤番グルメ ブシメシ!』。今年の1月10日〜2月28日にBSプレミアムにて放送されたプレミアムよるドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』の第二弾。

 本作は、マイペースで気の弱い勤番武士・酒田伴四郎(瀬戸)が、愛妻・すず(三好彩花)が荷籠に忍ばせた“料理”で周囲の人々の悩みごとを解決する1話完結の“ほのぼの”時代劇。今シリーズでは、江戸時代珍しかった西洋料理も登場。“ほのぼの時代劇”が、西洋の味付けと幕末動乱の雰囲気を加えスケールアップして再登場する。

 桐山が演じる山下新八は、薩摩・南海藩の勘定方という役どころで、旧式のそろばんを実際に使用し役に挑んでいるという。今シーズンからの出演となる桐山は「僕が演じるのは南海藩の勘定方、山下新八です。黒縁メガネに算盤。計算高く性根がひねくれているけど、実は南海藩のことを誰よりも想っている熱いハートを持っています」と語り、「今まで出会ったことのないコミカルで振り幅を効かせられる役なので、楽しさとやりがいを感じながら演らせてもらってます」とコメント。

 さらに「また主演の瀬戸くんや三吉さんは3年ぶりの連ドラ共演となるので芝居の掛け合いは楽しみのひとつでもあります。ブシメシは刀を抜かないコミカルな時代劇で世代を問わず楽しんでもらえる作品だと感じてます。スタッフキャストと現場の空気がとても良いので観ている方にも必ず伝わるはずです、お楽しみに」と呼びかけた。

【放送概要】
『幕末グルメ ブシメシ!2』
2018年(平成30年)1月10日(水)スタート
BSプレミアム 毎週水曜 よる11時から11時30分(全7回)

■出演
瀬戸康史 酒井若菜 桐山漣 三吉彩花 笠原秀幸 萩原みのり 若山耀人 戸田恵子  徳井優 国広富之 平田満 草刈正雄ほか

■あらすじ
時は幕末……江戸勤番へやってきた高野藩の衣紋方(衣装をつかさどる役職)を務める酒田伴四郎は国許の愛妻・すずが記した料理指南書をもとにした「心の料理」で、藩主・茂照が出す難題に始まる様々なトラブルを解決。すると伴四郎の評判はうなぎのぼり、伴四郎の人生はバラ色かと思われたが………某日、とある不運から伴四郎……な、なんと命を狙われることに!? 今度の伴四郎はなんと高野藩から脱藩!? 包丁片手に隠密活動!? 江戸料理以外にも西洋料理も!?

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

幕末をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ