朝ドラ抜擢続く元グレチキ北原 人を惹きつける人柄と演技力

11月24日(火)7時0分 NEWSポストセブン

元グレチキの北原雅樹は『あさが来た』出演中(公式ブログより)

写真を拡大

 高視聴率の続くNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。その出演者の中に、懐かしい顔を見つけて「もしかしてあの人…?」と思った人も多かったのではないだろうか。炭鉱夫役を務めている北原雅樹(39)だ。


 彼は90年代に一世を風靡したお笑いコンビ、「グレチキ」ことグレートチキンパワーズのツッコミ担当。コンビは2005年に解散し、2009年には北原自身も芸能活動を休止したことで表舞台からは消えてしまっていたが、なぜまた全国区のドラマに舞い戻ってこられたのか、そしてこれまで何をしていたのか、謎の部分も多い。


 ドラマウォッチャーでもあるイケメン評論家の沖直実さんは、以前の彼をこう振り返る。


「北原さんは若い頃から演技力には定評があって、『星の金貨』や『未成年』など、90年代の名作ドラマにもよく起用されていました。グレチキブームが去ってからはほとんど見かける機会がありませんでしたが、今年に入って『マッサン』、『あさが来た』とNHKの朝ドラに出演しています。


 彼が全国区に返り咲くことができたのは、安定した演技力もさることながら、その人柄も大きいんじゃないかと思います。15年ほど前、テレビ関係者の食事会で彼を見かけましたが、スタッフにものすごくかわいがられているなという印象でした。周りから下の名前で『まさき〜』と呼ばれていて、とても人懐っこいんです」


 北原は以前、あるインタビューで『マッサン』出演について「NHKの大阪放送局の朝ドラ担当の方に、ぜひボクを使ってみて下さい、と売り込みに行ったんです」と語っている。そこで仕事をゲットできたのは、彼のかわいがられやすいキャラクターによるところもあったのかもしれない。


 そして、今回も同じNHK大阪放送局の制作の『あさが来た』への出演。『マッサン』での演技が制作陣に評価されたからだろう。


 北原の近況は、フェイスブックやブログなどで窺い知ることができる。それによれば彼は現在、『ズームイン!!朝!』(日本テレビ系)のお天気お姉さんだった夫人の真紀さん(旧姓杉本)、そして二人の息子とともに兵庫県加古川市で暮らしている。地元のケーブル局、ラジオ局で夫婦揃ってのレギュラー番組を持つほか、劇団を主宰し、子育て支援の活動なども積極的にこなしている。


「『マッサン』や『あさが来た』を見る限り、演技力は全く衰えていません。それどころか深みを増しています。一時期はハローワークにも通って、卵のパック詰め工場で働いたりトラック運転手になったり、いろんな仕事をしてきたそうです。人気者だった頃から、どんな無茶ぶりもこなせる器用なところはありましたが、苦労をした経験が今の演技に活かされているのだと思います。見た目も変わらず華があって、今は良いパパの雰囲気もあります」(沖さん)


 現在の充実ぶりからさらなる飛躍を期待したいところだが、『あさが来た』の出番は今のところそんなに多くはない。再び全国ネットの仕事は舞い込んでくるだろうか。


「どんな役もこなせるからオファーは出しやすいと思います。北原さんが『あさが来た』に出演すると、ネットでは『懐かしい!』という声がたくさん上がりました。短い出演時間でもしっかり印象を残せている証拠です。加古川での生活も、家族や地元の皆さんととてもうまくやっている様子に窺えます。芸能以外の仕事も手を抜かない。すべてのことに全力投球する姿は、見ている人に勇気を与えるのではないでしょうか。芸能界で一度は夢破れながらも、またがんばって戻ってきた彼から元気をもらえるという人は多いはずなので、これを機に再び注目されると思います」(沖さん)


 人生2度目のブレイクはあるか?

NEWSポストセブン

「朝ドラ」をもっと詳しく

「朝ドラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ