若大将・加山雄三 ローマで告げたプロポーズは「結婚すっか」

11月24日(金)16時0分 NEWSポストセブン

名曲「君といつまでも」が生まれた『エレキの若大将』(DVD好評発売中 発売・販売:東宝)

写真を拡大

 シリーズ誕生から56年。長きにわたって愛される加山雄三の“若大将”シリーズ。今回は誰もが憧れた若大将の秘話3本を紹介しよう。


◆2代目、3代目の若大将がいた!!


 シリーズ後半から「ザ・ランチャーズ」のギタリスト・大矢茂が2代目若大将として登場。シリーズ終了後、次代の若大将に三浦友和と草刈正雄の名が挙がり、草刈が3代目として2作に主演した。


ローマで告げたプロポーズの言葉は「結婚すっか」


 10歳下の女優・松本めぐみとの結婚を決意した加山は、ロケの滞在先だったローマから松本に国際電話をかけ、爽やかなこのひと言で生涯の伴侶を射止めた。


◆有名な“幸せだなぁ”のセリフを考えたのは若大将だった


『エレキの若大将』の挿入歌『君といつまでも』は元々セリフ入りの歌ではなく、レコーディングの時に加山が考えたアイデアだった。


※週刊ポスト2017年12月1日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

加山雄三をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ