阿部顕嵐、就活とジャニーズの共通点を語る 仲間のデビューを祝福も「嫉妬もあったり…」

11月24日(金)16時34分 エンタメOVO

(左から)丸尾丸一郎氏、鈴木勝大、美山加恋、宮崎香蓮、小野田龍之介

写真を拡大

 舞台「何者」公開舞台稽古および囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の阿部顕嵐(Love−tune/ジャニーズJr.)、美山加恋、長妻怜央(Love−tune/ジャニーズJr.)、鈴木勝大、宮崎香蓮、小野田龍之介、演出の丸尾丸一郎氏が出席した。

 本作は、作家・朝井リョウ氏の直木賞受賞作で、映画化もされた同名小説を初舞台化。就職活動を通して自分が“何者”かを模索する大学生らが、友情、恋愛、裏切りといったさまざまな感情の交錯とともに、人間として成長していく姿を描く。

 主人公・二宮拓人役の阿部は「作っていく過程を見てくれていた人たち以外に、初めて見てもらって、今やっとスタートラインに立ったという感じ」と舞台稽古を終えての実感を語り、「緊張感を生かして本当の面接のように見せられたのでは」と振り返った。

 これまで出演してきた、ジャニーズ事務所が手掛ける作品から飛び出し、本作が外部公演初出演となった長妻は「本読みとか、発声、そういうレベルから教えていただいた。意識が変わりました。人生レベルで得をした気持ち」と手応えをのぞかせた。

 稽古を共にした小野田も「男としてエネルギッシュに、熱く芝居をしている。普段のLove−tuneのキラキラな感じとはまた違うエネルギーを感じてもらえると思う。見に来たお客さんは“鼻血ブー”でしょうね」とアピールした。

 鈴木が「なんせ僕らは就活ってものをしていない」と切り出すと、阿部も「丸尾さんを中心に、グループディスカッション、略して“グルディス”し合って、皆で向き合う作業をした。皆の力を借りて、客観的な意見も取り入れて頑張りました」と覚えたての就活ワードをドヤ顔で披露し、笑いを誘った。

 また、阿部は「事務所での立場と就活での立場がすごく似ていると感じた。就活が決まる=デビュー。仲間がデビューすると、表面上は喜ぶけど、7割ぐらいは嫉妬もあったり…」と複雑な心境を吐露した。

 このことについては“グルディス”もしたそうで、「仲間の内定が決まる瞬間に通ずるものがあったので、僕の中でも(似た気持ちを)感じやすいところでした」と役作りについて語った。

 舞台は25日〜12月10日、都内、天王洲 銀河劇場で上演。

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジャニーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ