北村匠海、眞島秀和と同性カップルに 深田恭子&松山ケンイチ出演ドラマで

11月25日(土)17時0分 クランクイン!

新ドラマ『隣の家族は青く見える』に出演する北村匠海と眞島秀和(c)フジテレビ

写真を拡大

 深田恭子と松山ケンイチが妊活に励む夫婦になる2018年1月クールのドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)にて、北村匠海が眞島秀和と同性カップルを演じることがわかった。北村は「チャレンジングな役なので、全力で挑んでいこうと思います」と意気込みを語っている。 本作は、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスを舞台に、主人公の五十嵐奈々(深田)とその夫・五十嵐大器(松山)を中心に、夫婦を取り巻く周囲の姿を描くホームドラマ。

 “子供が欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”を演じる平山浩行と高橋メアリージュン、奈々・大器夫婦が診察を受けることになるクリニックの敏腕医師・片岡役の伊藤かずえ、大器の母・五十嵐聡子役の高畑淳子の出演は発表されていたが、今回新たに同性カップル役で北村匠海と眞島秀和の出演が決定。また、“子供と理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル”に、真飛聖と野間口徹がふんすることが明らかになった。

 北村は、コーポラティブハウスをデザインした一級建築士・広瀬渉(眞島)の部屋に転がり込む青木朔を演じる。「役に染まり、作品に染まり、微力ながら鮮やかな花を添えられるように北村の全てをぶつけていきます!」とコメント。一方の眞島は「今まであまり演じる事がなかった役柄なので、現場に行くのが楽しみです。自分にとっても新鮮な挑戦になります。コーポラティブハウスの住人の一人として、スタッフ、共演者の方々と作品を盛り上げていけたらと思います」と心境を明かしている。

 新ドラマ『隣の家族は青く見える』は、フジテレビ系にて2018年1月より放送。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

眞島秀和をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ