『スカーレット』戸田恵梨香、松下洸平に“プレゼント” 「恋の予感」にネット沸く

11月25日(月)11時23分 クランクイン!

 女優の戸田恵梨香が主演するNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第9週「火まつりの誓い」(第49回)が25日に放送され、喜美子(戸田)が八郎(松下洸平)に自筆の絵を渡すシーンに、ネット上には「恋が始まる予感」「惚れてまうやろーー!」などの声が集まった。 八郎(松下)から、絵付け師・深野(イッセー尾形)への告白を聞いた喜美子(戸田)。彼女は、八郎がかつて持っていたという深野の絵を想像を膨らませて自分なりに描いてみる。翌日、描き上げた絵を手に、喜美子は八郎の働く新商品開発室を訪ねる…。

 新商品開発室に招かれた喜美子は、まだ誰も来ていない部屋の中で、八郎と2人きりに。喜美子が新商品開発室の仕事内容を尋ねると、八郎は丁寧な口調で業務を説明する。お互いに興味がありながらも、微妙な距離を感じさせる喜美子と八郎のやりとりに、ネット上には「キミちゃんと八郎さんの距離感がムズキュン」「着実にふたりの距離が近づいておる」などの声が集まった。

 喜美子は意を決して、自分の絵を取り出して笑顔で「描いてみました…」と一言。驚きの表情を浮かべる八郎に、喜美子が絵の解説をし始める。八郎が身を乗り出すようにして絵をのぞきこむと、喜美子は「こんな感じかなぁ…って想像して描いてみました」と話す。

 そんな喜美子を真剣な表情で見つめる八郎は、一瞬の沈黙の後、気持ちを吐き出すような口調で「うれしいです…」と感想を伝える。さらに八郎は「ほんまうれしいです」と話すと「もろてもいいんですか?」とポツリ。うれしそうに「もろてくれるん?」と問う喜美子に、八郎は「もちろん」と言葉を返す。この2人の会話に、ネット上には「恋が始まる予感しかしないでござる」「惚れてまうやろーー!」「はぁっ...恋が芽生えた瞬間」といったコメントが相次いだ。

クランクイン!

「スカーレット」をもっと詳しく

「スカーレット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ