大原櫻子、ライブ冒頭から愛嬌たっぷり アカペラで1000人魅了

11月25日(土)20時30分 モデルプレス

大原櫻子(撮影:田中聖太郎)

写真を拡大

【大原櫻子/モデルプレス=11月25日】歌手で女優の大原櫻子が25日、東京・お台場のヴィーナスフォートにて、ニューシングル「さよなら」(11月22日発売)の発売記念フリーライブを開催した。

早朝からファンが入場整理券を求めた今回のライブ。スタート時には収容ギリギリの1000名が観覧エリアに集まった。

イベントスタートのコールと共に大原が現れると、会場のファンの大きな声援ファンへ一礼をする際には、マイクスタンドに頭をぶつける愛嬌をみせていた。

◆「everyday」を初披露

そして、代表曲ともいえるデビューナンバー「明日も」で勢いよく幕開け。「何時からいらしてるんですか?」「始発!」「寝てない!」「え!!そんなに早く!」と曲間にもお客さんとの掛け合いを楽しむ大原。2曲目には、本人も作詞に参加したニューシングルのカップリング「everyday」を初披露した。

続く「さよなら」では、冒頭のサビ部分をアカペラで歌唱。透き通った歌声が会場に響き、じっくり聞き入る観客。後半にもアカペラ歌唱を交えて、終始魅了していた。(modelpress編集部)

■セットリスト

M1:明日も
M2:everyday(シングル「さよなら」c/w収録)
M3:さよなら(ミュージックビデオ・バージョン)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大原櫻子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ