元フジテレビ本田朋子の「子育てブログ」が“ママ読者”から大バッシング

11月25日(日)7時31分 まいじつ


(C)takayuki / Shutterstock



先月末に第1子を出産した元フジテレビアナウンサーの本田朋子が、11月19日に自身のブログを更新。子育ての様子についてつづったのだが、ネット上では「育児をビジネス化している」との批判も上がっている。


【関連】ママタレ熊田曜子『入館拒否』騒動で共感求めるも逆に非難が続出 ほか


本田は『魔の3週目!?』というタイトルでブログを更新し、



《ここ数日、昼間から夜にかけて断続的にぐずり泣きする息子 うまく寝入ることができないのか、モロー反射が激しくなっているのかなぁと》



と、子どもへの心配を吐露。乳児にありがちな、生後3週目ごろから寝付きが悪くなってくるという傾向がわが子にも訪れていることを明かした。


母親としての悩みを公開したブログエントリーだったが、ネット上には、



《ブログ書く暇あるなら対策調べなよ》

《更新の時間を削って、ちゃんと家事育児にあたろう》

《妊娠して以降、子どもに関するエントリーばっかだなー》

《今はまだ大変じゃないよ。子どもが動き回る2〜3歳はもっと壮絶》



などといった厳しい書き込みも。さらに振り返ると、本田は出産以降のブログがたびたび物議を醸している。



結局はアクセス目当て?


本田は11月2日にも『10月31日』というタイトルで出産の様子を公開。産まれたばかりの息子とのツーショット、バスケットボール選手の夫・五十嵐圭が息子を抱きかかえる写真などをアップし、「徐々に家族が増えた実感が湧いてきたところです」と感動をあらわにしている。


しかし、出産直後にもかかわらず目にはうっすらとメイクが施されており、ネット上では「公開前提で写真を撮ったのでは?」との指摘が。さらに「アクセス稼ぎのために子どもを利用している」との声も上がり、一部では、



《ここまで育児・出産をビジネスにつなげるのはスゴいわ》

《出産をネタに使っている印象が拭えない》

《高倍率を勝ち抜いたフジのアナウンサーなんだから、これくらいはしたたかでしょ》

《とりあえず目立ちたがり屋って感じ》



との批判も受けてしまった。


“ママタレント”は辻希美木下優樹菜、紗栄子、くわばたりえ、熊田曜子など、非常識な子育て法から炎上しやすいジャンルだが、本田も同じ道をたどってしまうのだろうか。



まいじつ

「本田朋子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「本田朋子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ