Kōki,“脚長写真”にツッコミ続出!「靴からカカト出とるやないか!」

11月25日(月)10時31分 まいじつ


画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 



木村拓哉工藤静香の次女でモデルのKōki,が11月20日、自身のインスタグラムを更新。驚異の脚の長さを披露したものの、ネット上では〝ダウト〟の声が殺到している。


【関連】木村拓哉とKōki,の“口移し”写真に「気持ち悪い」「ホント無理」ほか


11月22日にグランドオープンを迎えた東京・渋谷の『渋谷PARCO』。Kōki,は一足先に訪れ、同ビルに出店しているファッションブランド『トム ブラウン(THOM BROWNE)』の店内を見学したようだ。冬らしい赤とグレーのチェック柄のセットアップに、高い位置でのポニーテールですっきりとまとめられ、洗練された雰囲気を感じさせるコーディネートとなっている。Kōki,は、インスタで《美しくスマートなシルエットが大好きです》と英語でつづり、同ブランドをアピールした。





 


次々と新技を披露しネット民を魅了


ネット上では、1枚目の正面から撮られたおよそ〝9等身〟くらいに見えるこのショットの〝足元〟に対し、



《靴からカカト出とるやないか!》

《履き口にかかとを乗っけて靴の足首部分に爪先つっかけた状態に見える》

《私の目がおかしい??? 靴から、かかと出てない??》

《足がどう収まってるのか理解不能》

《1枚目の右足の足首どうなってるのよw どんどん雑になってるよ(笑) 10センチくらい伸ばして足してない?》



などと、高身長に見せるための〝Kōki,流テクニック〟について指摘する声が続出。そのおかげか、《身長2メートルぐらいあるな》など、素直に受け取る人も多いようだ。


「真偽は分かりませんが、Kōki,はこれまで数々の〝テクニック〟を披露してきました。あるときは、足元を鏡で作られた地面に反射するようにして正面から撮る〝ウユニ湖〟スタイル、またあるときは、見たこともないようなもの珍しい〝厚底草履〟を履き、和服でもスタイルアップを図っていましたね。そんなKōki,を評価してか、『シャネル』のランウェイでは、他のモデルが〝ぺったんこ〟パンプスを履く中、Kōki,だけ〝ヒール付きブーツ〟という特別待遇が取られていました」(芸能ライター)


こうしたテクニックは、涙ぐましい努力によって得られたものと思われる。果たしてKōki,は今度、どんな〝新技〟を繰り出してくれるのだろうか。


 


まいじつ

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ