松たか子、8年ぶりMステに緊張「ひとりぼっち」

11月25日(土)2時1分 ナリナリドットコム

女優で歌手の松たか子(40歳)が、11月24日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に8年ぶりに出演した。

タモリとは「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)のコーナー「空耳アワード」などで何度も顔を合わせているものの、自身が歌うとなると緊張を隠せない松。タモリから「緊張しているようだけれど?」と話を向けられると、「そりゃそうですよ。ひとりぼっちだし」とおろおろした表情をみせたが、出演できたことに「嬉しいです。幸せです」と語った。

今回の楽曲「明日はどこから」では、松が作詞・作曲を手掛けている。最初は「涙はどこから」というタイトルで作っていたが、主題歌として起用された朝ドラ「わろてんか」(NHK)の題名にそぐわず、何度か粘ってみたものの結局「明日」ということばが出てきて、現在のタイトルに落ち着いたという。

「毎朝ドラマを見るときに曲を聴いている」と、タモリから送り出された松は、伸びやかで美しい歌声で8年ぶりのステージを無事完走。エンドロールではタモリの横に立ち、「楽しかった」と笑顔もこぼれた。

ネットでは「アナ雪の時も歌声聴きたかった」「本当にすてき」「しっとり、さわやか」「朝ドラの曲だから仕事に行かないと、という気分になった」といった反応が寄せられている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松たか子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ