飯島直子の存在感に期待 映画『巫女っちゃけん。』で主人公の母親役

11月25日(土)20時15分 Techinsight

映画『巫女っちゃけん。』での飯島直子(画像は『映画『巫女っちゃけん。』公式 2017年11月24日付Instagram「福岡先行公開まで★あと58日!!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

広瀬アリスの主演映画『巫女っちゃけん。』が2018年1月20日より福岡先行公開となる。ロケは嵐が登場するCMで“光の道”が話題となった宮地嶽神社(福岡県福津市)で行われた。神社を舞台に巫女のバイトをする就活中の主人公・しわす(広瀬アリス)と一切口を聞かない5歳の少年・健太を巡る物語を描いたもので、『偶然にも最悪な少年』『ハードロマンチッカー』のグ・スーヨン監督がメガホンを取る。

神社の宮司でしわすの父親・大島役はリリー・フランキー、しわすの母親・真紀役が飯島直子(特別出演)だ。就活に悩んでいるところに不思議な少年・健太と出会って慌ただしい日々を送るしわすは父親とのケンカが絶えないようだが、母親との関係が見えてこない。ただ『映画『巫女っちゃけん。』公式 mikomovie_0203 Instagram』で公開された飯島直子には存在感があり、本編でどのようなキャラクターを見せてくれるか期待が高まる。

また、セリフのない5歳の健太役を福岡を中心にモデルとして活動する山口太幹が絶妙に演じており、その母親・美和役となるMEGUMIの迫真の演技にも注目したい。なにより、礼儀知らずで悪態をつく主人公・しわすを従来のイメージを壊すほど熱演する広瀬アリスが見どころだ。

主題歌『フェイヴァリット・ゲーム』を歌うのは『ミスター・サクソビート〜恋の大作戦〜』(2011年)のヒットで知られるルーマニア出身の“小悪魔ビート・プリンセス”アレクサンドラ・スタンというのも興味深い。

映画『巫女っちゃけん。』は福岡先行公開に続き、2018年2月3日より新宿武蔵野館・渋谷TOEIほか全国ロードショーとなる。

http://youtu.be/PyEI2QIaJng

画像は『映画『巫女っちゃけん。』公式 2017年11月24日付Instagram「福岡先行公開まで★あと58日!!」、2017年10月28日付Instagram「東京国際映画祭舞台挨拶付上映は★明日です!!」』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

巫女をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ