女優・佐久間由衣「有村架純ちゃんが座長としてどっしり構えてくださった」朝ドラ「ひよっこ」撮影現場を振り返って

11月25日(水)20時0分 TOKYO FM+

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめ、生活の“現場”で感じるモヤモヤやザラつきなどをリスナーとともにスッキリさせていく、TOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。11月24日(火)の放送は、女優の佐久間由衣さんが登場。2017年に出演したNHK連続テレビ小説「ひよっこ」での撮影時の話や自身の性格などについてトークしました。

佐久間由衣さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈


映画やドラマ、CMなどで活躍中の佐久間さん。「ひよっこ」では、有村架純さん演じる主人公・みね子の親友・時子役で話題を集めました。
「(日常生活で)役に引っ張られることはないけど、現場に行けなくなるさびしさはある。楽しければ楽しい現場ほど、日常とのギャップに追いついていかないことも。“終わったんだ”と理解するのは時間がかかる」と佐久間さん。そんな話に、れなちは「朗らかさが素敵」と微笑みます。
また、朝ドラのように長期間、1つの役を演じる大変さについてれなちが尋ねると、佐久間さんは「大変さも含めて楽しかった。当時はなにかと比べられるほど作品数を経験していなかったので、そのときの“精いっぱい”を出していた。とにかく有村架純ちゃんが座長としてどっしり構えてくださったので、そこについていくだけでした」と振り返りました。
激しい役もこなしますが、自身によると性格は「平和主義」。「人とぶつかりたくない。ケンカしないで済むならしたくない」と佐久間さん。性格と役の温度差は「みなさんにしごかれて、エンジンをかけてもらっています」と笑顔をのぞかせるひと幕も。現在は、12月19日(土)に東京芸術劇場プレイハウスにて上演予定の初舞台「Sky presents『てにあまる』」に向けて全力投球と話しました。
ちなみに、この日の番組テーマは「レビューをどれくらい気にするか」。佐久間さんは洋服を買う際などは「店員に言われるがまま、着て気に入れば買う」とのこと。
一方、リスナーからは「良し悪しの判断には使わない。あえて自分の都合のいい情報しか見ない」「就活中で、企業のレビューに敏感」「届いてもいないのに『期待を込めて星5つ』は検索妨害」などさまざまなメッセージが。
多数の意見を聞いたあと、れなちは「レビューはあくまで話半分くらいで聞いておくのもいいのかも」と見解を示します。レビューに左右され過ぎず「例えば、レビューを見てあまり点数がよくない焼き鳥屋があっても、勇気を出して行ってみるのが大事では」と伝えました。
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年12月2日(水) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

TOKYO FM+

「佐久間由衣」をもっと詳しく

「佐久間由衣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ