中条あやみ、主演作公開に感慨 「卒業式のお母さんの気分」

11月25日(土)14時36分 エンタメOVO

(左から)三木康一郎監督、磯村勇斗、小関裕太、中条あやみ、志尊淳、真野恵里菜、杉野遥亮

写真を拡大

 映画『覆面系ノイズ』の公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の中条あやみ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮、三木康一郎監督が出席した。

 福山リョウコ氏の人気コミックを実写化した本作は、音楽をモチーフとした究極の“片恋”ストーリー。主演の中条は「本当にみんなに力を合わせて作った愛情のたっぷり詰まった作品です。卒業式のお母さんってこんな気分なんだろうな…。そんな感情です」と感慨深げにあいさつした。

 この日は、本作の内容にちなみ、出演者たちが“今だから言える本音”についてトークを展開。杉野は、撮影中に“塩対応”だった三木監督から「嫌われているかも」と思っていたそうだが「クランクアップの時に『遥亮がいたからこの現場は楽しかった』と言ってもらえて、この人、ツンデレ…?と思った」とエピソードを披露した。

 一方、そんな杉野について磯村は「女っぽいところがある」と指摘。杉野の演じた役は、そもそもおネエ口調のキャラクターだったが「杉野くん本人がおネエなのかここで確かめたい」と切り出した。

 これには中条や志尊も「実は(おネエ)ぽいなと思っていました」と興味津々。磯村が「ボディータッチが多いのと、距離感が近い。喋り方もホワッとした感じで、さっきも俺が携帯をいじっていたら、隣で耳に(息を)フーフーとしてきた」と実例を挙げながら「これはアウトでしょ!」と告発。志尊も思い出したように「昨日も現場に着いた瞬間に『淳ちゃん、これ聞いて。今俺がハマっている曲』と目をキラッキラさせながらイヤホンを渡してきた」と続けた。

 その時、杉野と志尊は「1つのイヤホンを2人で使っていた」そうで、疑惑の信ぴょう性は増すばかり。当の杉野は「普通のニュートラルな人なんですが、写真撮影でカメラマンさんに、すごく(キャラクターを)求められてのアレだったので…」とあくまで演じた役の影響だと、苦笑いで釈明していた。

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中条あやみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ