高嶋ちさ子、子育ての失敗経験を暴露 「習い事を20個ヤメた」

11月26日(火)7時46分 しらべぇ

高嶋ちさ子

25日放送『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』(TBS系)で、同局のドラマ『グランメゾン東京』に出演中のダンサー・大貫勇輔が主張した理想の子育てプランに対し、ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子が激しく反論した。


◼大貫の子育てプラン

急増する「結婚できない男」が集結したこの日の放送。31歳の大貫も独身だが、自分なりに子育てのプランを持っており「それに従ってくれる女性じゃないと結婚できない」と告白する。

大貫は「子供の未来を願って、3歳になったら音感を良くするためにピアノ、カラダを鍛えるために水泳やダンス、習字などを習わせたい。僕がもし子供なら、子供のときにやらせてほしかったプラン」と有益な習い事を習わせたいという独自の子育てプランを披露した。


関連記事:高嶋ちさ子、「お前」呼ばわりする夫に罰金制 「300万円の時計買わせた」

◼ちさ子も失敗?

さらに子供の名前は男女どちらでも使える「麗」にしたいと、理想を語った大貫だが、ちさ子は「暇なんじゃない? 暇じゃなきゃ、いつ生まれるかわかんない子供の名前なんて考えない。小学生がやること」と一蹴。

ちさ子は続けて「子供には向き不向きがある。無理やり習わせてもおかしくなる」と大貫の子育てプランを否定。「顔を見る前にあれだこれだやらせるとウチみたいになっちゃう。ウチは20個習い事をやめさせてる」と自身の子供にも習い事をやらせすぎたと語る。

「顔を見て、早く個性や向いているものを見極めてそこに集中しないとスペシャリティにはなれない」と自身の子育て論を明かして締めくくった。

◼視聴者は共感

子供のためと、さまざまな習い事をさせても「ヤメたら0になる」ものもある、はじめたならやり抜かなければならないとちさ子は強調した。

一連のちさ子の主張に対し、視聴者からは「確かに、向き不向きはそれぞれあります。そのとーり」「たった1個夢中になれるものがあれば、他は無駄じゃないと思うし、お金と時間があるならどんどんやらせたらいいと思う」と共感する声が殺到していた。


◼約2割が「習い事が役立っている」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,378名を対象に調査したところ、全体の約2割が「子供の頃の習い事が今に役立っている」と回答した。

子供のころの習い事

向き不向きを見極めて続けた習い事であれば、将来に役立つものもあるはず。極めれば、その道のプロフェッショナルになることもあるだろう。約2割と決して多くはないとはいえ、習い事がすべて無駄にはならないということだ。


・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、ラグビーW杯で来日の迷惑外国人に激ギレ 「舐めくさってる」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日〜2016年5月23日

対象:全国20代〜60代の男女1,378名(有効回答数)

しらべぇ

「高嶋ちさ子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「高嶋ちさ子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ