DC単独映画『ブラックアダム(原題)』にヘンリー・カヴィルが登場する可能性あり!? プロデューサーが「もし実現できたらクールだ」と語る

11月26日(火)15時47分 tvgroove

ヘンリー・カヴィル

DCコミックスの単独作品『ブラックアダム(原題)』ザッカリー・リーヴァイが演じるシャザムの宿敵として知られ、早くも期待されている。そんな中、本作のプロデューサーがDCユニバースでスーパーマンを演じているヘンリー・カヴィルが出演する可能性を語った。

ヘンリーと言えば、2013年に公開された「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ第一作目の『マン・オブ・スティール(原題:Man of Steel)』よりスーパーマンを演じており、イギリス人俳優のヘンリーがアメリカの代表的ヒーローを演じることでも話題になった。最近ではスーパーマンを降板するのではという噂まで報道されていた。

一方、『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の公開を控えるトップスターのドウェイン・ジョンソンがブラックアダム役に決定したことが報道されて以来『ブラックアダム』は、盛り上がりを見せていた。監督を務めるのは、『フライト・ゲーム』のジャウム・コレット=セラだ。

本作のプロデューサー、ハイラム・ガーシアは、『ジュマンジ/ネクスト・レベル』や『Jungle Cruise(原題)』にも携わっている敏腕プロデューサーだ。そんな彼が某インタビューで口を開いた。

「僕たちは今、向上心あふれる中、仕事を進めている。僕たちはヘンリーとも友達で、ドウェインとヘンリーも友達だ。だから本作にスーパーマンが出てくるとしたらクールだよ。実現できたら、かなりパワフルな作品になるだろう」とコメント。もしこれが実現できたら、ファンにはたまらない共演となるだろう。

『ブラックアダム』は2021年12月21日に米公開予定。ドウェイン・ジョンソン主演のアクション・アドベンチャー超大作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は、12月13日(金)日米同時公開される。

tvgroove

「プロデューサー」をもっと詳しく

「プロデューサー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ