真木よう子「週刊誌に怒鳴り込み」奇行現場(2)編集部で「聞いてください!」

11月27日(月)5時57分 アサ芸プラス

 同人誌などを販売するコミックマーケットで、フォトマガジンの販売を宣言したのだが‥‥。

「資金を募ったところ、『一般参加者は自費で作っているのに、おかしいだろ』と批判が殺到したのです」(スポーツ紙記者)

 そこで急遽、コミケへの参加を撤回。謝罪してツイッターのアカウントを削除した。ほぼ同じタイミングでドラマ撮影のドタキャンが報じられ、「お騒がせ女優」のレッテルを貼られてしまう。芸能コメンテーターの松本佳子氏が語る。

「ツイッターなどに芸能人が手を出すと、自分の名前を検索しただけで、バッシングを目の当たりにすることになる。だからやらないほうがいい。精神的に追い込まれるだけで、女優としてプラスになることはないのです」

「セシル──」の現場では、真木の激痩せも取りざたされた。ドラマでは普通の主婦が減量して読者モデルになる設定だったが、真木は撮影前からガリガリだったという。

「肩甲骨や肩回りを映すと痩せすぎているので、アップでは撮らないようにしていました。肌荒れもすごくて、スチールは修整しないと使えなかったそうです」(制作スタッフ)

 別の撮影現場でも、こんな場面が目撃されており、さすがにプロダクション関係者の“嘆き節”も沸点に達した。

「遅刻することが何度かあり、撮影に影響が出てしまうこともありました。その日によってテンションが高くなったり、どんよりしたりで、スタッフも声をかけにくい状況で‥‥。親しい共演者がいない現場では、特に浮いていましたね。常備しているサプリメントを“ガバ飲み”することもあったそうで、『共演するのが怖い』と話す女優もいました」

 9月になってもバッシングは止まらず、「収録ドタキャンの真相」や「打ち上げ会場から“失踪”」など、ネガティブなマスコミ報道が続いた。これに堪忍袋の緒が切れたのか、真木はついに「怒鳴り込み」を決行したというのだ。

「スキャンダルを報じた複数の週刊誌の編集部に乗り込み、『違うんですよ! 聞いてください!』と言って、誤解を解くために熱弁して回っているんです。それで話を聞くと、言い分がおかしいというか、整合性が取れない部分が多くて、どこも記事化はせずにスルー。マネージャーを伴わずに、単独で乗り込んできていたことで、真木と所属事務所との確執、さらには独立の話まで浮上したんです」(前出・プロダクション関係者)

アサ芸プラス

「真木よう子」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「真木よう子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ