【シーズン5がクランクアップ!】『アウトランダー』関連の最新情報まとめ 19年11月編パート2

11月26日(火)16時25分 海外ドラマboard

‘20年2月16日に予定されているシーズン5の全米放送スタートまで、いよいよ3ヶ月を切った人気ドラマ『アウトランダー』。ここへきて、シーズン5撮影が終了したとのニュースが入ってきました!その他の最新情報も含めて、ご紹介いたしましょう!

NEW YORK, NEW YORK - OCTOBER 05: (L-R) David Berry, Maril Davis, Caitriona Balfe, Sam Heughan, Diana Gabaldon, Ronald D. Moore, Maria Doyle Kennedy, and Duncan Lacroix pose for a photo during Outlander panel at New York Comic Con 2019 Day 3 at Jacob K. Javits Convention Center on October 05, 2019 in New York City. (Photo by Ilya S. Savenok/Getty Images for ReedPOP )

<ついにシーズン5の撮影が終了!>

 まずは、ロケ地であるイギリスはスコットランドの現地時間11月21日、クレア役のカトリーナ・バルフや助監督パトリック・コンロイがツイッターにて、本日がシーズン5の撮影最終日であることをファンへ向けてツイート。そして、翌22日にはスタッフおよびキャストが次々と、予定されていた撮影が無事に終了したことを報告しました。

 どうやら、日付をまたいで明け方の5時時頃にまで及んだ模様。振り返ると、スタートは今年の4月ですから、およそ7ヶ月にも及ぶ長期撮影だったわけです。といっても、その間にバケーションもあったわけですが。いずれにせよ、後は編集やCG加工などのポストプロダクションを残すのみ。ただ、脚本家のマシュー・B・ロバーツによると、早くもシーズン6の準備が着々と進行しているそうです。

<シーズン5の新キャストも判明!>

 さて、次はそのシーズン5で初登場する新キャストの情報をまとめてみましょう。まずは、ジェイミーやクレアと関わる交易所オーナーの妻ファニー・ビアーズレイ役として、人気英国ドラマ『Harlots/ハーロッツ 快楽の代償』(‘17〜)でふくよかな売春婦ファニー役を演じている女優ブロンウィン・ジェームズ。そのビアーズレイ家に奉公する双子の兄弟ジョーとキジーを、これがテレビ初出演となる若手舞台俳優ポール・ゴーマンが演じています。また、シーズン4第1話に登場した裕福な農園主フィリップ・ワイリー役として、クリス・ドナルドがシーズン5にも出演しているそうです。

 さらに、軍隊でジェイミーの部下となるイザイア・モートン役に、ドラマ『スタン・リーのラッキーマン』などに出演しているジョン・トレイシー。既婚者であるイザイアと恋に落ちる女性アリシア役には、人気ドラマ『リッパー・ストリート』のシーズン3〜5にかけて、主人公の娘マチルダを演じた女優アナ・バーネットが起用されています。そのアリシアの父親ライオネルを演じるのが、ドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』(‘13〜)のチャーリー・ストロング役で知られるネッド・デネヒー。ライオネルの弟でアリシアの叔父に当たるリチャード役には、映画『マスター・アンド・コマンダー』(’03)や『ワルキューレ』(’08)などで軍人役を多く演じているクリス・ラーキンが出演しています。

 他にもシーズン5には新キャラが何人も登場するはずですが、今のところ米放送局Starzから正式に発表されているキャストは以上のみ。恐らく、これから順々に明かされていくことになるかと思います。なお、シーズン5では『エイリアニスト』や『刑事ジョン・ルーサー』など、数々の人気ドラマの演出を手掛けるジェイミー・ペインが、新たにエピソード監督のメンバーに加わったことも報じられています。

LONDON, ENGLAND - OCTOBER 10: Caitriona Balfe attends the "Le Mans '66" Premiere during the 63rd BFI London Film Festival at the Odeon Luxe Leicester Square on October 10, 2019 in London, England. (Photo by Lia Toby/Getty Images for BFI)

<カトリーナ・バルフの最新インタビュー>

 最後にご紹介するのは、イギリスの女性向け週刊無料雑誌「Stylist」に掲載された女優カトリーナ・バルフのインタビュー。過去シーズンの中で「どれが一番のお気に入りか選ぶのは難しい」と振り返るカトリーナですが、それでも「やはり新鮮でエキサイティングだったという意味でシーズン1は別格だと思う」と語ります。さらに続けて、「シーズン3の前半も好きだった。’60年代のフランクとの生活、ジェイミーと離れ離れの状態、そして過去へ戻っての再会。演じ甲斐のある要素があまりにも多かったから。私は演技における挑戦が好きなの」としつつ、でも結局は「それでもシーズン1は特別」と述べています。

 さらに、フレイザー家の将来について訊かれて、「すぐにでもカリブ海へ戻ってもらいたいわ。暖かい場所で撮影したいもの!」と笑うカトリーナ。よっぽどスコットランドでの撮影は寒いのでしょうか(笑)?とはいえ、劇中で彼らがスコットランドへ戻る可能性はあるのかという質問に対しては、「それはないわね。今や彼らにとってアメリカこそが故郷だから」とのこと。ただ、ファンの方は既にお分かりの通り、このドラマは必ずしもダイアナ・ガバルドンの原作通りにストーリーが進行するわけではなく、しばしばテレビ版オリジナルの展開が見受けられますので、今後のフレイザー家の歩みついても思いがけないサプライズがあるかもしれません。こればかりはファンでも予測が出来ない。そこがドラマならではの面白さとも言えるのですが。

 なお、仮にシーズン5のストーリーが原作から大きく逸脱することなく描かれるのであれば、フレイザー家の人々は「未来」へ戻るという選択肢も検討することになるはずなのですが、それについては「マーティ・マクフライ※のお出ましね!」と軽いジョークで明言を避けるカトリーナ(※映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの主人公)。ネタバレ厳禁なので、多くを語ることが出来ないのは仕方ありません。そのうえで、「今シーズンは家族についての物語になる。外から危険が迫ってくる不安定な時代に、家族を守るために何をしなくてはならないのか?それが今回の鍵となるテーマね。それ以上のことは私の口から言えないわ!」と、シーズン5の全体的な方向性に触れるだけにとどめています。いずれにせよ、独立戦争の荒波に巻き込まれることになるわけですから、シーズン4以上に波乱万丈な展開が待ち受けることは必至。今から楽しみで仕方ありません!!

TORONTO, ONTARIO - SEPTEMBER 10: Caitriona Balfe attends the "Ford v Ferrari" press conference during the 2019 Toronto International Film Festival at TIFF Bell Lightbox on September 10, 2019 in Toronto, Canada. (Photo by GP Images/WireImage)

海外ドラマboard

「アウトランダー」をもっと詳しく

「アウトランダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ