『テラハ』正反対の女子メンバー2人に確執 「怖すぎ」「擁護できない」

11月27日(水)19時0分 しらべぇ

人気恋愛リアリティ番組『テラスハウス』の新シーズン 『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』 (Netflix・フジテレビ)の最新話が26日に公開。

女子メンバーの木村花と、水越愛華の間に生まれた確執、愛華がとったマウントにネット上では驚きの声があがっている。


■花と愛華に確執

女子プロレスラーの花がプロバスケットボール選手の田渡凌に、マンガ家のデュラルト・ジュゼッペ(愛称:ペッペ)が奥山春花が想いを寄せるなど、恋愛面での進展が凄まじいここ最近のテラハ。

しかし、西野入流佳と自身を引っ付けようとするかのような態度を花が取ってきたことに、女子大生メンバー・愛華が苦言を呈したこと、そのうえで花が愛華に対し、「そう思われるのは仕方ない」という考えを述べたことで、ふたりの間に徐々に確執が生まれていく。

既報のとおり男性経験に乏しく、少女マンガの主人公のような真っ直ぐな性格の花。一方、愛華は女子大生とは思えぬ色気を漂わせており、男性との距離感も近い。その辺りの性格の差が影響したようだ。


関連記事:『テラハ』汚すぎる水回りの実態に騒然 「キッチンと風呂の汚さが異常」

■「ザギンでシースー」

最新話では愛華が凌にアプローチとも言える行動をとっていく。ある日の予定を聞き、その日が試合であることを知ると「試合か〜。クソ〜!」とあまり上品とは言えない返答。そのうえで自分が昼にバイトがあり、「お車を探してて」という本音を述べる。

その後、「いつ暇なの?」と日程を指定せずに尋ねたうえで、「ザギンでシースーは?」と自ら凌に提案。当日、銀座で待ち合わせると「ホントにザギン?」「ノリで言っただけなんだけど」と冗談半分であったとアピールする。高給そうなカウンターの寿司を食べるも、慣れているのか喜んでいる様子は見せなかった。

■ピアスを忘れてきた発言で波紋

「モヤモヤはないかも」「考え方違うな〜で終わり」と、花との関係について述べた愛華。

しかし、帰宅後、ご機嫌であることを指摘されると「幸せなんです」「お寿司も美味しかったし、幸せです」と意味深な述べ方をする。さらに寿司店にピアスを置いてきたと述べ、凌が「やましいことはしてないよ」と弁解、男女の仲になっていないことを暗に主張する流れに発展した。


■「擁護できない」「人間こんなもん」

ふたりの性格の違いが、深刻な対立につながった今回の放送。共同生活が前提のテラハならではの光景と言えるが、ネット上では「愛華、あのマウントは怖すぎる」「帰って来てからの花の前での愛華劇場やばい!」など驚きの声が相次いだ。

また、その一方では「どっちもどっちだと思う。擁護はできないけど」「人間なんてこんなもんだよ」「愛華も花もちょっとどうかなって言動はあるけど、どちらも根本的にはいいコだと思う。花は一直線すぎで、愛華は素直に自分をさらけ出すのが苦手なのかなって感じ」など、ふたりに理解を寄せる人の姿も見られる。


■ケンカするほど仲がいい?

「ケンカするほど仲がいい」という言葉があるが、これまでの傾向として、テラハでケンカが起きて仲が深まることはあまりなく、大抵の場合、気まずい雰囲気になるものだ。

ちなみにしらべぇ編集部では以前、全国の20〜60代の男女1,357名を対象に「ケンカする」か調査。その結果、「ケンカしがち」と回答したのは全体の34.7%だった。

男子メンバー3人が仲良し&ペッペ・春花がいい雰囲気なおかげで、殺伐しすぎないでいられている印象のテラハ。次回以降も見逃せない。


・合わせて読みたい→「一緒にお風呂入ったんだよ?」 モテ男メンバーの発言に反響「しんどい…」


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日

対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)

しらべぇ

「確執」をもっと詳しく

「確執」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ