俳優ゴッドフリー・ガオ、35歳の若さで死去 リリー・コリンズらが追悼

11月28日(木)13時0分 シネマカフェ

ゴッドフリー・ガオ (C) Getty Images

写真を拡大

27日、モデル・俳優の台湾系カナダ人、ゴッドフリー・ガオが35歳という若さで亡くなった。中国でスポーツ関連のリアリティー番組「Chase Me」の撮影中、走っていたときに心臓発作を起こしたという。代理人によると「救命処置を3時間行ったが、彼はこの世を去った」とのこと。

193センチの長身と「世界で最もハンサムな顔」ランキングの常連になるほどのゴッドフリーは、2004年にモデルとして活動を開始。2011年には「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の顔を務めるなど、大活躍していた。俳優としても中国語圏のテレビ・映画に多数出演し、英語圏の映画では2013年に『シャドウハンター』でマグナス役を演じた。

『シャドウハンター』で主演を務めたリリー・コリンズは、インスタグラムのストーリーにゴッドフリーとの場面写真を投稿し、「亡くなるには早すぎる。本当に悲しい」とコメント。

同作の原作者カサンドラ・クレアも「訃報を聞いて本当に残念に思う。ゴッドフリーは最高にナイスな人だった。親切で思いやりがあって、撮影現場ではいつもみんなにプレゼントを持ってきてくれた」とツイッターで撮影当時をふり返り、ゴッドフリーの人柄について触れて追悼した。

ドラマ版「シャドウハンター」でマグナス役を演じたハリー・シャム・Jr.は、ゴッドフリーとの2ショットをインスタグラムに掲載し、「ショックで悲しみに暮れている」と心境をつづり、「彼はアジア人コミュニティの中でパイオニアだった」として称え、追悼した。

シネマカフェ

「死去」をもっと詳しく

「死去」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ