美しいファンタジー世界で描かれる復讐譚『Decay of Logos』がPlayStation 4とNintendo Switchで発売。神秘的なエルクとともに美しいファンタジー世界を旅しよう

11月28日(木)20時0分 電ファミニコゲーマー

 Rising Star Gamesは、SteamとXbox OneでリリースされたRPG要素を持つ3Dアクションアドベンチャーゲーム『Decay of Logos』を国内PlayStation 4Nintendo Switchでも11月28日にリリースした。価格は1980円。ローカライズは架け橋ゲームズが担当している。

 Steamではオータムセールとして12月4日まで20%オフの1640円でPC版が販売されている。こちらも日本語対応だ。

 『Decay of Logos』でプレイヤーは、クリムゾンナイトによって壊滅された村の唯一の生き残り「エイダ」として復讐の旅に出る。旅をサポートしてくれる神秘的なエルクとともに、セミオープンワールドの美しいファンタジー世界を冒険する。

 しかし、世界は美しいだけでなく、住人ですら腐敗させる邪悪な力が渦巻いている。旅を通じて成長しながら、世界の真実を見つけ出そう。

(画像はSteam『Decay of Logos』より)

 ゲームはハイリスク・ハイリターンの戦闘を特徴としている。スタミナ制が採用されており、コンボ、ドッジ、パリイ、カウンターアタック、魔法や弓を駆使して戦う。お供のエルクはセカンダリインベントリも兼ねており、必要なものを準備してから手強い戦闘に挑む必要がある。

 レベリングはプレイヤーの行動に依存しており、敵を倒したとき、環境パズルのギミックを起動したとき、あるいは秘密の宝箱を発見したときもステータスを獲得する。

(画像はSteam『Decay of Logos』より)
(画像はSteam『Decay of Logos』より)

 手応えのある戦闘と美しいファンタジー世界を舞台にした復讐譚、環境パズルなど興味深いゲームプレイが満載の『Decay of Logos』。PCを含む主要プラットフォームすべてでプレイできるので、興味がある方はお手持ちのコンソールに合わせてゲームを購入してほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「ファンタジー」をもっと詳しく

「ファンタジー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ