瑛茉ジャスミン、ビキニグラビアで男性人気アップ! パンツ丸見え事件でも話題に

11月29日(火)10時0分 メンズサイゾー

 ファッション誌「ViVi」の専属モデルでタレントの瑛茉ジャスミン(21)が、「セクシーすぎる」と話題になっている。


 28日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)の表紙と巻頭グラビアを飾った瑛茉。初めて訪れたという沖縄の開放的な空気のもと、身長170センチの見事なスタイルをビキニ姿で披露した。


 いたずらっぽく微笑みかける可愛らしいショットのほか、日が沈むビーチでのカットでは色気を感じさせる表情を浮かべるなどさまざまな魅力を発揮。胸の谷間を見せつける大胆なポーズや、水着がお尻に食い込んでいる刺激的なバックショットなども見せている。


 これを目にしたネット上のファンからは、「かなりセクシー」「こんな彼女ほしい」「ちょっとエロすぎやしないか?」「色気がハンパない」といった絶賛の声が続出。瑛茉は今年5月の同誌に初登場して水着姿を公開したが、そのときのグラビアも改めて注目を集めている状態だ。ちなみに瑛茉が「ヤンマガ」のカバーガールを務めるのは、今回が3度目となる。


 また、かつて瑛茉がNHKの子供向け番組『天才てれびくんMAX』に"てれび戦士"として出演していたため、当時を知るファンからは「ずいぶん大人になった」との声も。オーストラリア人の父と日本人の母を持つ可愛らしいハーフ子役が、大人の女性に成長した姿を見て驚く人も多い。


 瑛茉にとっても子役時代は懐かしいようで、8月に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)では当時のエピソードを次々と告白。瑛茉によるとNHKスタッフのダメ出しは強烈で、打ち合わせの際にペンが飛んできたこともあったという。さらに、「時には大人に扱われて、時には子供に扱われる感じが、どっちでいていいのかまったくわからなかった」と子役ならではの苦悩を明かした。


 厳しい子役界の一端を垣間見せた瑛茉には、ネット上の視聴者から「がんばったんだな」といった感心コメントが上がることに。見た目は派手な印象もあるが、子どものころから芸能界で揉まれてきた彼女に好印象を抱いた人も多かったようだ。また、この番組では"衝撃のパンツ丸見え事件"が発覚。これに食いつく男性視聴者も続出した。


 パンツ丸見え事件とは、この『ナカイの窓』の前に瑛茉が出演した6月の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)での出来事。同番組に瑛茉は露出度の高いダメージジーンズをはいて登場しており、このときの姿を中居正広(44)が「パンツ見せる子でしょ? ジーパンビリビリだった子。"全見え"なのよ」と『ナカイの窓』で思い出したのだ。このジーンズ姿を瑛茉はSNSにアップしており、放送後にはそれがネットに拡散。多くのネットユーザーに「エロすぎる」と称賛され、男性人気が急上昇することになった。


 今回のグラビアでも男性読者を刺激した瑛茉。今のところモデル業がメーンで同性人気が高いものの、さまざまなシーンで色っぽい魅力を振りまく彼女は活動の幅を広げるたびに男性人気をアップさせそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

話題をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ