西銘駿、りゅうちぇると間違えられる「同じ沖縄県出身で顔つきも似ている」

11月29日(水)22時6分 マイナビニュース

俳優の西銘駿(19)が29日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系『オーファン・ブラック 〜七つの遺伝子〜』(12月2日スタート 毎週土曜23:40〜24:35・全8話)制作発表会見に出席し、金髪にしていた頃にタレント・りゅうちぇる(22)と見間違えられていたことを明かした。

俳優の西銘駿

西銘は、2014年に「第27回ジュノンスーパーボーイコンテスト」でグランプリを受賞後、テレビ朝日系『仮面ライダーゴースト』(15〜16年)に抜てき。同作に出演していた頃は、役作りのために金髪にしていた。

本作で知英が1人7役を演じることから、記者から「自分と似ている人」についての質問が飛ぶ。西銘は「僕はりゅうちぇるさんによく似てると言われて」と語ると会場からは笑いが起こり、「仮面ライダー時代は僕もずっと金髪で、りゅうちぇるさんがバラエティに出ている時に『あれ? 僕、こんなバラエティに出てたっけ?』って思うくらい」とうれしそうに話す。

撮影現場でも「似ている」と度々言われ、ついには「駿ちぇる」と呼ばれることも。子どもから2度ほど、仮面ライダーではなく「りゅうちぇるだ!」と声を掛けられたこともあったそうで、「僕も不気味なくらい似ていると思います」「そんなに似てるんだと。同じ沖縄県出身で顔つきも似ているので」と自覚するようになったという。

本作は、シーズン5まで放送されているBBCアメリカ放送の人気ドラマ『ORPHAN BLACK』のサスペンスを踏襲しつつ、ヒューマンドラマの要素を加えて日本版にリメイク。この日は西銘のほか、主演の知英(23)、共演の竹中直人(61)が出席した。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西銘駿をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ