ヴィクトリア・ベッカムのブランドが大赤字

11月29日(金)0時15分 ナリナリドットコム

ヴィクトリア・ベッカムのブランドが、昨年、1230万ポンド(約17億円)の赤字だったそうだ。2008年に設立以来、黒字を記録したことがない同ブランドだが、昨年12月までの1年で、その赤字がさらに増えるなど頭打ちの状況になっている。

同ブランドのチェアマンを務めるラルフ・トレダノ氏は、ファッションメディアのビジネス・オブ・ファッションにこう話している。

「売り上げは予想の範囲で驚きはありません。我々の目標はできる限り早くに利益を生むことにあります」
「我々の運命は我々の手中にあります。ヴィクトリアには素晴らしい才能がありますので、それをドリームチームと生かせばできない事はありません」

また、トレダノ氏によると、売り上げは2018年を最後に停滞していたという。

ヴィクトリアと夫デビッド・ベッカムが経営する会社、ベッカム・ブランド・ホールディングスによって管理されてきた同ブランドだが、この赤字続きは、経費削減や流通ルートをオンラインに焦点を絞ったこと、ヴィクトリア本人の美学や価値観をより掘り下げた商品開発の結果だとされている。

ナリナリドットコム

「ブランド」をもっと詳しく

「ブランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ