高橋幸宏が大林宣彦監督、原田知世とのレアショット公開

11月29日(水)20時45分 Techinsight

大林監督の家族と原田知世、高橋幸宏(画像は『Yukihiro Takahashi 2017年11月29日付Instagram「昨夜大林監督ご家族に会えてよかった。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

ミュージシャンの高橋幸宏がInstagramに原田知世、映画監督の大林宣彦氏らとの集合写真を公開した。原田知世の35周年アニバーサリー・ツアー千秋楽公演で、顔を合わせることができたという。

1982年に女優・歌手としてデビュー、50歳になった11月28日に『35周年アニバーサリー・ツアー “音楽と私”』のツアーファイナルを都内で迎えた原田知世。『原田知世「音楽と私」(TH_noonmoon)ツイッター』には「歌も演奏も音響も素晴らしく、知世さんは妖精の様でした!」「ときめきのアクシデント、天国にいちばん近い島、ダンデライオンの3連打で落涙。素晴らしかった…」「知世さんの35年間を一緒に時間旅行したかのような、素敵なライブでした!」とこの日のライブの感想が多数届いている。

千秋楽公演には原田の映画デビュー作『時をかける少女』(1983年)の大林宣彦監督と妻で映画プロデューサーの大林恭子さん、長女の映画感想家・大林千茱萸さん、そして原田も参加した2007年結成のバンドpupa(ピューパ)のメンバー・高橋幸宏も駆け付けた。『Yukihiro Takahashi room66_yukihiro Instagram』には原田を囲んでの写真が投稿され、高橋は「大林監督ご家族に会えてよかった。本当に良かったです」と綴っていた。

コメント欄には「知世さんも、変わらぬ可愛らしさですね」「大林監督お元気そうで良かったです」などの声が寄せられている。

画像は『Yukihiro Takahashi 2017年11月29日付Instagram「昨夜大林監督ご家族に会えてよかった。」』のスクリーンショット

Techinsight

「原田知世」をもっと詳しく

「原田知世」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ