松本潤主演の大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表 織田信長役の岡田准一「怖さもあり楽しさもある」

11月29日(月)20時6分 エンタメOVO

(左から)ムロツヨシ、有村架純、松本潤、岡田准一、阿部寛 (C)NHK

写真を拡大

 嵐の松本潤が主演する2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表会見が29日、東京都内で行われ、松本のほか、岡田准一有村架純ムロツヨシ阿部寛が出席した。

 第62作目の大河ドラマとなる本作は、徳川家康(松本)の生涯を新たな視点で描く。脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』などで知られる古沢良太氏が担当する。

 会見では、岡田が織田信長、有村が家康の正室・瀬名、ムロが豊臣秀吉、阿部が武田信玄、野村萬斎が今川義元を演じることが発表された。

 岡田は、大河ドラマ『軍師官兵衛』(14)で主演して以来、2度目の大河出演となる。今回は、主役を受けるべきか迷っていた松本の相談にも乗り、「(大河は)すごい宝物のような場所だった」と伝えたという。

 岡田は「それぐらい、大河で1年演じるのはすごい経験。そこで織田信長という圧倒的イメージがある人物にチャレンジできるというのは、怖さもあり、楽しさもあります」と語った。

 また、「僕は秀吉配下の役が多かったので、それより上の立場をやったことがない。今まで振り回されてきた分、今回(秀吉役の)ムロさんを引きずり回せるのを楽しみにしています」とコメント。

 続けて、「松潤を心の面で振り回したい。『どうする?』というのを突き付けて、視聴者の方にも『ひどい』とか『こういういいところもあるんだ』とか。『ひどい』メーンで、いろんな感情を(抱かせたい)」と笑った。

 大河ドラマ初出演となる有村は、松本とは3度目の共演。「1度目は兄妹、2度目は先生と生徒の恋愛で、今回は夫婦役。とても明るく楽しい夫婦漫才を繰り広げるような関係性なので、とっても楽しみです」と笑顔を見せた。

 ムロは「おんな城主 直虎」(17)に続き3度目の大河出演。今回のオファーに「本当にびっくりしました。まさかカタカナ5文字の私が豊臣秀吉をやる日が来るとは。でも迷うことはなかったです。これを引き受けないという選択肢はなかったです」と喜びを語った。

 「天地人」(09)で上杉謙信を演じた阿部は、上杉と対峙(たいじ)する武田信玄役に挑む。「本当にうれしいこと。(信玄は)上杉との戦いでいろんな兵法を学んできたと思う。山の中で鍛えられた自分が、松本くんが演じる徳川家康に、地響きのように影響を与えることができたらうれしいなと思います」と意気込みを語った。

エンタメOVO

「大河ドラマ」をもっと詳しく

「大河ドラマ」のニュース

「大河ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ