「ゲームをやるので休みます」正直すぎる理由で話題の整体院に行ってきた

11月30日(土)9時0分 おたくま経済新聞


 「ドラクエウォークをやるため……」「ラブライブ!を見るため……」など、正直すぎる理由で、早仕舞いしたり、開店時間を遅らせたりする整体院がネット上で話題になっています。そこで、直接その整体院に取材に行ってきました。

 話題の整体院は、新宿御苑前駅の近くにある「整体ケアルラ」(新宿区新宿1-15-4 1F)。もうお気づきの方もいるかもしれませんが、店長さんは「ファイナルファンタジー」好きです(ケアルラはゲームに登場する回復魔法)。整体ケアルラに到着すると、店長兼整体師のみやたけさんが快く出迎えてくれました(交換した名刺には「光の整体師」という記載も)。





 店内には、多くのゲームのグッズやソフト、プロゲーマーのサインなどで装飾されていますが、ゲームグッズのほとんどはお客さんから頂いた物とのこと。ゲームソフトも、「ファイナルファンタジー」はもちろんのこと、「ドラゴンクエスト」や「ツインビー」など、懐かしの名作ソフト(店長の私物)が並べられていました。









 みやたけさんにお話を伺うと、こちらの「整体ケアルラ」は、2019年10月で2年目になる整体院とのことですが、オープン当初は「正直すぎる理由」を公表したりすることはなかったそうです。

 そもそもゲームが大好きで、20代前半までは、ファミコンやディスクシステム、PCエンジンやスーパーファミコンなどをやっていて、ゲームソフトは200本くらい持っていたという、みやたけさん。中でも好きだったのがファイナルファンタジーで、特に4・5・6にハマっていました。

 そんなこともあって、お客さんとして「ヒカセン」(ファイナルファンタジーのプレイヤー)の人たちが来るようになったそう。みやたけさんは、ゲームのオフ会やイベントに参加したかったのですが、営業時間とどうしても被ってしまうため、ゲーム仲間に相談したところ、「別に(それを理由にして休んでも)良いんじゃない?」と言われたとのこと。

 「あ、いいんだ……」と思った、みやたけさん。そこで、「ドラゴンクエストウォーク」にハマった時に初めて、「『ドラゴンクエストウォーク』にハマったので、お休みします」というボードを整体ケアルラの入口に掛けたそうです。

 すると、そのボードを見た人がTwitterに写真を投稿し、話題になったみたいなのですが、怒りのコメントなどは無く、「しょうがないよね」みたいなコメントが多く見受けられ、みやたけさんもあらためて「いいんだ……」と実感。そこから現在のようなスタイルになったとのことです。ドラクエウォークのサービス開始は9月12日でしたので、けっこう最近のことだったんですね。

 その日以降、みやたけさんは、ドラクエウォークの他にも、「FF14のオケコンに行くため」「店主のゲーム&睡眠時間をより確保するため」「ラブライブ2期の8話〜最終話を見るため」など、様々な「正直すぎる理由」で、早仕舞いしたり、開店時間を遅らせたりするようになりました。







 そんなみやたけさんが営業している「整体ケアルラ」には、お客さんとしてゲーム好きの人も多く来院されるそうで、全体の5〜6割がゲーム好きの人とのこと。中にはプロゲーマーもいらっしゃるそうで、その方のサポートもされているそうです。

 みやたけさん曰く「プロゲーマーは肉体労働。アスリートの方と変わらないので、ケアが必要」とのこと。1日何時間もゲームをするため、身体は「ガチガチ」になるそうで、プロ・アマ含めてそういう人たちのケアをするようになり、「この世界の人たちは、すごいなと感じた」と話していました。



 ゲーマーが集う整体院「整体ケアルラ」。都内だけでなく、近県からもゲーマーが訪れるそうで、これからもそんなゲーマーたちのセーブポイントとして、在り続けてほしいですね。

取材協力:整体ケアルラ(Twitter:@msgCura)

(取材・撮影:佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「整体」をもっと詳しく

「整体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ