花譜×カンザキイオリ×ポプラ社「キミノベル」、新曲『それを世界と言うんだね』&MV解禁!

11月30日(火)20時30分 Rooftop

キミノベルが「“想像することの楽しさ”を感じてほしい」という願いのもと7月に実施したプロジェクト「この夏、キミノウタをつくろう!」には、レーベル公式アンバサダーでもあるバーチャルシンガーの花譜と、マルチな分野で活躍する新世代アーティストのカンザキイオリが参加。「もしもキミが物語の主人公だったら?」をテーマに、誰もが描いている夢や願いを読者から物語形式で募集し、集まった物語を原案に楽曲『それを世界と言うんだね』を制作。

完成した楽曲の始まりは“もしも僕が主人公なら”——。読者が描いた物語がカンザキさんの言葉によって融合し、1つのストーリーになって歌の中で紡がれた。物語と音楽が一体となり、キミノベルのコンセプトであるあらゆる人や世界と“つながり合う”、そんな想いにもリンクした曲が完成。

合わせて解禁となるMVは、YOASOBI「優しい彗星」のMVなどを手掛けたアニメーション作家・門脇康平がディレクション。門脇監督のどこか懐かしく切なく、線画を活かした手触り感のあるタッチで、カンザキさんの世界観が鮮やかに描かれている。MVの始まりは花譜の夢の中。魔法使いや猫に変身、明治時代にタイムスリップするなど、読者の子どもたちが描いた物語の中に入り込んでいくかのように場面が展開。


キミノベルアンバサダー・花譜コメント

「それを世界と言うんだね」は、本を開けばその先で、いつでも誰のもとへでも行けるという胸の高揚感とか、物語や知識の海を身一つで漂うような心地よさとか、それを通じて誰かと繋がる喜びとか、そういうワクワクに思いを馳せて歌いました。これまでレーベルアンバサダーとしてキミノベルの本を読んだりインタビューしていただいたりして、自分が小学校の時に読んでいた本のことを思い出したんですけど、きっかけさえあれば意外と詳細まで思い出せるものだな…!と思いました。『星の王子さま』の朗読では、今まで物語を口に出して読むことって音読の宿題でとかしかなかったので、新しい読書への近づき方でした!

楽曲制作・カンザキイオリコメント

読者の皆様からいただいた、夢に満ち溢れた素敵な投稿をパズルの様にはめ込みながらこの曲ができました。聴いてくれた「キミ」に寄り添えるように、みんなが口ずさめる様なフレーズを入れながら曲を作り上げました。楽しみながら、聴いて欲しいです。

MVディレクション・門脇康平コメント

今回は、大きく分けて3つの場所が舞台になっておりますが、それぞれのパート特有の表現の魅力というものを追求した結果、飽きのこない、最後まで楽しんで観て頂ける一本に仕上がったのではと思っております。何度観ても楽しめるように、細かいところまで作り込みましたので、是非1カット1カット味わうように観て頂けたら幸いです。

Rooftop

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ