土田晃之、欅坂46冠番組でメンバーを全力で心配する姿がファンの間で大反響!

12月1日(日)9時59分 アサ芸プラス

 その本気の訴えが事故を防いだ!?

 11月24日放送の欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京系)で、番組MCの土田晃之がメンバーのことを本気で心配する一幕が見られ、反響を呼んでいる。同回では前回に引き続き、1期生メンバーと2期生メンバーの絆が試される企画「“2期生が失敗したら1期生がプールに飛び込んだ!”」の後半を放送。

 この企画は2期生が様々なゲームに挑戦。その間、1期生メンバーが乗る坂のセットの角度が上昇し続けるため、1期生メンバーがガマンの限界を迎えて(クッション材が入った)プールに落下するまでに2期生メンバーがゲームをクリアして、1期生メンバーを救出するといった内容だ。

 問題のシーンは最後の挑戦者である1期生の守屋茜が坂の上に乗る担当の際に見られた。守屋以外の1期生メンバーは2期生がなかなかゲームをクリアすることができなかったり、クリアしたものの、番組MC陣がなかなか坂を元の角度に戻さなかったため、プールに落下するという結果に終わっていた。

 しかし、欅坂で一番負けず嫌いで根性のある守屋は他の1期生メンバーよりも坂の上で粘る活躍を見せ、みごとに成功。この時点で坂の傾斜は40度で、他のメンバーたちであれば落下していたぐらいの角度になっていた。しかし、守屋はまだ余裕の表情。ゲームには成功したものの、ここで少々企画趣旨が変わり、守屋がどこまで上昇する坂の傾斜に耐えられるかの緊急企画が行われる流れに。

 すると坂はふたたび上昇を始め、なんと最終的には70度まで到達。手を伸ばせばスタジオの天井にある照明に届いてしまいそうなぐらいの高さとあって、この様子にもう1人の番組MCであるハライチ澤部佑は「守屋、まだ余裕?」と確認して、記録が伸びることに興奮した様子を見せていた。

 しかし、一方の土田は「危ない、危ない、おろしたほうがいいよ! ちょっとおろしたほうがいいよ! おろしてください! 坂戻して!」と明らかに焦った様子でスタッフに坂を平坦な状態に戻すようにひたすら指示を出していた。

「坂が上昇する際には《※安全に注意して行っています》とテロップで出ていましたが、守屋のチャレンジに関しては、落下していれば、とても安全に注意しているとは言えない角度でした。また、守屋は“根性キャラ”で通っていることもあって、みずから『できない』などと発言するタイプではない。実際、澤部がまだ余裕があるか確認した時には守屋はギブアップとは答えていなかったものの、明らかに苦しそうな表情でした。ここでもし、まだ坂が上昇していたら…と考えるとヒヤヒヤものですが、それを必死で止めた土田の言動が守屋を救ったともいえるでしょう。さらに言えば、澤部の発言から守屋が限界に挑む流れになっていましたが、この時も土田は『え、マジ? いける?』と心配そうに坂の傾斜を確認したりしていましたから、ただただメンバーが心配だったのでしょう」(アイドル誌ライター)

 このやりとりにいたっては欅坂ファンの大多数も楽しんで見ていたというよりは落下しないかヒヤヒヤしていたというのが正直なところのようで、「ツッチー、あかねんを救ってくれてありがとう」「あんなに焦った土田さんは初めて見たかも」「土田が必死にスタッフにおろすように訴えていた姿に欅坂愛を感じた」「土田は本当に心配だったんだろうな。逆に澤部は『まだ余裕?』って…ちょっとイラっとしてしまった」など、土田に感謝する声が続出していた。

 番組の盛り上がりも大事だが、やはり安全が第一。土田には今後も危ないと思う瞬間が来た時には遠慮なく声を張って止めてくれることを期待したい。

(石田安竹)

アサ芸プラス

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ