劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』来年4.15公開決定 ティザービジュアル解禁

12月1日(水)14時30分 クランクイン!

『名探偵コナン』劇場版25作目となる最新作のタイトルが『名探偵コナン ハロウィンの花嫁(はなよめ)』に決定し、2022年4月15日より公開されることが発表された。併せて、原作者の青山剛昌が描き下ろしたティザービジュアルが解禁された。

 本作の舞台となるのは、ハロウィンで賑わう渋谷。とある結婚式が渋谷ヒカリエで執り行われていた。そこには、ウェディングドレスに身を包んだ警視庁捜査一課強行犯三係・佐藤美和子刑事の姿が。コナン達招待客が見守る中、突然乱入してきた暴漢が襲い掛かり、彼女を守ろうとした警視庁捜査一課強行犯三係の高木渉刑事がケガを負ってしまう。高木は一命を取りとめ事態は収束したが、佐藤の瞳には、3年前の連続爆破事件で思いを寄せていた松田陣平刑事が殉職してしまった際に見えた死神のイメージが、高木に重なって見えていた。

 時を同じくして、その連続爆破事件の犯人が脱獄。公安警察の降谷零(安室透)が、警視庁警察学校鬼塚教場での同期だった松田刑事を葬った因縁の相手を追い詰めるが、そこに現れた謎の仮装の人物に首輪爆弾をつけられてしまう。首輪爆弾解除のために降谷が潜伏している地下シェルターを訪れたコナンは、彼が3年前に渋谷で、今は亡き警察学校時代の同期メンバー達と正体不明の仮装爆弾犯「プラーミャ」に遭遇した事件の話を聞く。やがて、捜査を進めるコナン達を狙う不穏な影が—。

 本作では、先日解禁され話題を呼んだ「ハロウィンビジュアル」に描かれていた舞台“渋谷”と、警視庁警察学校鬼塚教場同期であった降谷、松田、萩原研二(警視庁警備部機動隊爆発物処理班/殉職)、諸伏景光(警視庁公安部所属/降谷の親友で黒ずくめの組織潜入時はスコッチと名乗っていた/殉職)、伊達航(警視庁刑事部捜査一課強行犯三係/殉職)の“警察学校組”5人がポイントとなる。

 解禁された青山直筆によるティザービジュアルには、この5人の姿が。さらに彼らの後ろには、幸せそうに見つめあう、ウェディングドレス姿の佐藤刑事とタキシード姿の高木刑事も描かれている。

 果たして本作で、警視庁内でも有名だった佐藤と高木のカップルの恋愛模様はどんな進展を迎えるのか。また、既に殉職している警察学校組メンバー4人がどのようにストーリーに関わってくるのか。そして、コナンは無事に降谷の首に巻かれている爆弾を解除し、渋谷の街を守ることが出来るのか。火が灯された運命のスクランブル。祝祭のハロウィンが狂乱の夜行へと変貌する最新作への期待が高まる。

 『名探偵コナン ハロウィンの花嫁(はなよめ)』は、2022年4月15日より全国公開。

クランクイン!

「名探偵コナン」をもっと詳しく

「名探偵コナン」のニュース

「名探偵コナン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ