『時効警察はじめました』第7話も好視聴率!あらすじ&小ネタを、ちょっとだけネタバレしてご紹介します。

11月30日(土)17時0分 海外ドラマboard

オダギリジョー麻生久美子主演『時効警察』が、12年ぶりに帰ってきました。時効になった事件を趣味で捜査する男、霧山修一朗と霧山Loveを隠し切れない三日月しずか。今回は、ゲストの壇れいが、セーラー服姿を披露します。第7話のあらすじを小ネタ集と共にご紹介。

第7話 人気メガネ歌手蝙蝠ユキオ 謎の平行四辺形殺人事件

事件の発生:平成6年10月28日

事件は25年前、メガネがトレードマークの一発屋歌手、蝙蝠ユキオ(前野健太)のライブ会場で起こった。
時間になっても舞台に現れない蝙蝠ユキオ。ライブハウスのオーナーの田畑(梶原善)が楽屋を見に行くと、ユキオが床に倒れ、胸から血を流し絶命していた。死体のそばには、「犯人はメガネ」というダイイング・メッセージが。

解剖の結果、ユキオの胸には、針で刺されたような4つの傷があり、傷のカタチが平行四辺形に見えることから「謎の平行四辺形殺人事件」と呼ばれた。

容疑者としてあがったのは、ユキオと金銭を巡りもめていたと噂されるプロデューサーの吉田(芹澤興人)だったが、完璧なアリバイがあった。その他の事件関係者も軒並みメガネをかけていたため、犯人を絞り切れずに事件は時効を迎えていた。

メガネだらけの事件で、唯一メガネをかけていなかったユキオの妻百瀬多恵子

蝙蝠ユキオの殺人事件の後、メガネ屋を始めた妻の百瀬多恵子(壇れい)は、今や開運メガネというヒット商品を産み出しCMにも登場する売れっ子経営者になっていた。

自販機に入れた100円玉が永遠に戻り続けるなど、ツイてない女三日月しずか(麻生久美子)は、うっかり霧山修一朗(オダギリジョー)のメガネを壊してしまい、遺留品を返すついでにメガネを直しに行くことに。

メガネよりも時効事件に興味を持った霧山は、開運メガネを売っているのに「私、ツイてないから」という百瀬多恵子に興味を持つ。


脚本:田中 眞一
監督:今泉 力哉

開運メガネをかけてハシャグ姿がカワイイ時効管理課の面々。

第7話の関係者

百瀬多恵子……壇れい
蝙蝠ユキオ……前野健太
田畑……梶原善
吉田……芹澤興人
衣警部……嶋田久作

ゲスト俳優:壇れい

百瀬メガネオーナー百瀬多恵子役。

「私、ツイてないの」が口癖なのに開運メガネを売っている。
回想シーンでは、セーラー服姿と、アイドル歌手姿を披露しています。
時効警察シリーズでは、本人が回想シーンをやるというポリシーを貫徹していますね。

ゲスト:前野健太

蝙蝠(こおもり)ユキオ役。

シンガーソングライターの前野健太さん。
蝙蝠ユキオの曲「「今夜、僕は君の腕の中で、君は僕の腕の中で」を本当にシングル曲としてリリースするそうです!

蝙蝠ユキオ
「今夜、僕は君の腕の中で、君は僕の腕の中で」
2019.12.4 配信開始

衣警部補って……コロンボでしょ?

当時、蝙蝠ユキオの事件を担当していた衣警部補(嶋田久作)は、十文字疾風(豊原功補)の先輩だそうで、十文字によるとトレードマークのトレンチコートは、衣警部補に教えてもらったのだとか。
熊本課長によれば、「奥さんがすごいんだよ」とのこと。

それって、刑事コロンボのことですよね。

衣警部補は、今やとんかつやさんのオヤジになっていました。

『刑事コロンボ』

COLUMBO -- "By Dawn's Early Light" Episode 3 -- Aired 10/27/74 Pictured: Peter Falk as Lt. Columbo (Photo by NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images via Getty Images)

ピーター・フォーク主演の刑事ドラマ『刑事コロンボ』(1971-2003)。
ロサンゼルス市警の刑事で、ヨレヨレのトレンチコートがトレードマーク。
「うちのカミさんがね」が口癖。

針で刺されたような跡……凶器が判明していない

蝙蝠ユキオの胸にあった平行四辺形の刺し傷。
針で刺されたような小さな後なので、凶器が特定されていないのです。

ドラマ内では、先端が尖っている凶器と思われるものが多数登場してきます。

アイスピック⇒元プロデューサーの吉田が披露した氷の彫刻。アイスピックさばきが尋常ではないほど巧みでした。

ダーツの先端⇒百瀬多恵子の特技は、ダーツ。

12人の愛人がみんなメガネ

蝙蝠ユキオの曲が売れて、紅白にも出場できたから、いい気になって遊んでる様子をスクープされてしまいます。
写真に撮られた愛人と言われている女子たちがみんなメガネをしていました。
関係者がみんなメガネなわけですが、いくらなんでもメガネだらけですよね。

十文字には、開運メガネの効果があった?

開運メガネをつけていた時効管理課の面々ですが、「あんまり意味なかったね」という結論に。
「結局は、気の持ちようだ様ね」と話していたところ、十文字が現れて「霧山、この開運メガネのおかげで今朝、駅前で稲川淳二を見たぞ!」と嬉しそうに報告していました。
それってラッキーなのか?という疑問は残りますが、本人がそう思っているならそれでいいんですよね。

次回は最終回、「高飛び込み部コーチ転落死事件」

次回は、とうとう最終回。
オダギリジョー主演、三木聡監督ドラマ『熱海の捜査官』(2010)に出演していたキャストが集結するようです!
山崎賢人、二階堂ふみ、染谷将太、松重豊という豪華な面々が登場します。


それから、霧山に会いにアメリカからFBIが訪ねてくるらしいのですが、もしかして再びアメリカに行ってしまうのか?
どうする三日月しずか?


最終回は、12月6日(金)23時15分から放送

海外ドラマboard

「時効」をもっと詳しく

「時効」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ