ニンテンドースイッチ版『Coffee Talk』あらかじめダウンロードと体験版の配信が12月5日より開始。音楽とコーヒーに癒され、文化の多様性についても考えさせられるタイトル

12月2日(月)12時35分 電ファミニコゲーマー

 Chorus Worldwideは12月5日(木)より、Nintendo Switch版『Coffee Talk』のあらかじめダウンロードと体験版の配信を開始する。本作はPlayStation 4、XBox Oneでも発売を予定しており、いずれも発売予定日は2020年1月30日(木)だ。

 『Coffee Talk』でプレイヤーは、喫茶店のマスターとなって客との会話を楽しみながら、彼らの人生をかえるきっかけとなる、1杯のあたたかいコーヒーを提供していく「コーヒーをいれながら、心と心をかよわせるノベルゲーム」。現実の世界とは異なり、エルフや人魚、オークなどのファンタジー物語に生きる種族と人間が共存する世界設定で、特定の人種に対するさまざまな固定観念や文化の多様性が描かれている。

 もちろん、客からのオーダーに合ったコーヒーを入れるのもマスターの大事な役割だ。作ったコーヒーにはラテアートを描き、自分だけの自慢の1杯を提供できる。また、20曲以上収録されているローファイ・ヒップホップのBGMも癒しのひとときを与えてくれるだろう。音声ストリーミングサービスのSoundCloudでは、オリジナルサウンドトラックよりサウンドクリエイターが厳選した2曲を試聴可能だ。

 Nintendo Switch版とPlayStation 4版はパッケージでも発売される予定。Nintendo Switch版の初回限定特典には、ジャケットに16ページのアートブックを収録したオリジナルサウンドトラックCD(2枚組)が付いている。

(画像は『コーヒートーク 』公式サイトより)

 PlayStation 4版は店舗別予約特典として、Amazonではオリジナルサウンドトラックのダウンロードコードが封入されたSONOCAカードが付属するほか、ヨドバシカメラおよび古本市場ではパッケージのメインビジュアルをあしらった特製コースターがプレゼントされる。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「ダウンロード」をもっと詳しく

「ダウンロード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ