スーパースター新庄剛志の“質素生活”に仰天!「リアル貧乏...」

12月2日(月)17時30分 まいじつ


(C)まいじつ 



先ごろ現役復帰を宣言し、11月27日にはNPB(日本野球機構)から自由契約選手として公示された元プロ野球選手・新庄剛志氏。約2カ月前からインスタグラムを開設し、私生活をさらしているのだが、その質素な生活ぶりにネット上では衝撃を受ける声が続出している。


【関連】亀梨和也の“ガチ野球オタ”ぶり披露に「ファン心理分かり過ぎ!」の声ほか


新庄氏は1990年に『阪神タイガース』に入団し、2001年から3年間大リーグでプレーした後、『日本ハムファイターズ』に移籍。06年に34歳で現役引退するまで、中心選手としてさまざまなパフォーマンスで人気を集め、CM出演などタレントとしても活躍した。


「本人いわく、メジャーから日ハムの6年間で稼いだ金額は約44億円。〝持っているだけ使ってしまう〟性格から、全財産を母の友人で経営者のA氏に任せていたようです。引退後、CM撮影で訪れたバリ島を気に入って即移住することを決心し、A氏に資金返却を求めると、何と預金残高は2200万円しかないことが発覚。実は、A氏が勝手に自身の会社の資金繰りに充てていたようで、新庄は当然裁判を起こしたものの8000万円しか返って来ず、揚げ句A氏の自己破産によって泣き寝入りすることに…。そんなケタ外れの災難に遭った新庄ですが、現在は予定通りバリ島に移住しているようです」(芸能記者)


 


スーパースターから貧乏飯まで振り幅がすごい


インスタグラムでは、日々バリ島でのんびりライフを満喫している様子が公開されているのだが…


「15日の投稿では、全身を写した私服写真を紹介しているのですが、『#帽子手作り #シャツ450円 #パンツ1800円 #サンダルただでもらえた #マスク5枚セット100円 #ネックレス450円』などと〝激安〟ぶりをアピール。そして27日には、『#ペットボトルで好きなサイズのテーブルが作れるからみんなも作ってみて #費用テープ代300円』と、段ボールとペットボトルで作った自作テーブルを紹介。そしてこの日の夕飯を公開した写真には、納豆3パックに秋刀魚の缶詰、梅干しご飯という、何とも質素なメニューを披露しています」(同・記者)





毎年高級車を買い替えていたような華々しい現役時代のイメージを持つ人が多いであろう新庄氏の〝激安私生活〟に、ネット上では、



《うわこれはキツイな 悲しくなった》

《財産持ち逃げされたからリアルに貧乏だもんな新庄》

《俺とあんま変わらんな》

《25億騙し取られた結果の貧乏飯》



などと、衝撃を受ける声が多く上がっている。


現役復帰の際、本人は高給にこだわっていないようだが、当時のような〝キラキラオーラ〟を放つ新庄氏に期待を寄せるファンも多くいることだろう。


 


まいじつ

「新庄剛志」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「新庄剛志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ