大けが叶恭子に美香ハラハラ、両足抜糸も「いつも目が離せません」。

12月2日(日)7時21分 ナリナリドットコム

11月15日深夜に、25センチのヒールを履いて歩いていたところ石畳でつまづき、両膝下に計20針以上を縫う大けがを負ったタレントの叶恭子(50歳)について、叶美香(45歳)が公式ブログで状況を報告している。

1日付けのエントリー「『抜糸』ありがとうございます、ご心配おかけしました」では、まず、「姉が、、怪我をしたことについて 皆さんに、大変、ご心配をおかけしております」とお詫び。そして恭子から寄せられた「皆さん、ご心配して下さって本当に、ありがとうございます。皆さんの温かいお気持ち胸がいっぱいになり言葉に、なりません。そして本当に、心から感謝いたしております。ご心配をかけてしまってごめんなさいね。これからも、どうぞ わたくし達をあたたかく見守って下さいね」との感謝の言葉をつづった。

けがの状況は、「両足ともやっと、昨日、外縫いのほうは、抜糸いたしました」とのこと。ただ、「傷が、開きやすい場所ですし 姉は、子供のような所が、あるので私は、、いつも目が離せません」と、美香にとってはハラハラの毎日が続いているようだ。

恭子は11月28日に都内で行われたイベントに出席した際、けがを公表。左膝10センチ、右膝5センチの傷口ができ、救急搬送された病院で「傷が残る可能性がある」と診断され、「ショックで3日間口もきけなかった」と胸の内を明かしていた。

ナリナリドットコム

叶恭子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ