フット後藤「すっごい覚えてる」松本人志の娘が…

12月2日(月)1時19分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基(45歳)が、11月30日に放送されたバラエティ番組「松本家の休日」(朝日放送)に出演。「すっごい覚えてる」という、タレント・木村祐一(56歳)の自宅でのお正月の集まりに、ダウンタウン・松本人志(56歳)が生後数か月の娘を連れてきたときのエピソードを語った。

この日、「すっごい覚えてるんですけど」と、そのときの松本の様子について語り始めた後藤。木村の家に早めに行き、遅れて松本が赤ん坊を連れてやって来たため、現場は「うわ!連れてきはったんですか!」と大盛り上がりだったという。

そして、松本が上座に座り、宴席がスタート。赤ちゃんを抱いた松本は上着を脱いで「いつも通り、白いTシャツで。乳首ビャンビャンに立ってた。ビャンビャンですよ。ホンマにビャンビャンやった」ものの、それはいつも通りということで特にどうこうもなく、「(赤ちゃん)かわいいですね」といったトークが進んでいたそうだ。

そんなとき、後藤は見てしまったという。「そのビャンビャンを、赤ちゃんがこう……咥えに行ったんですよ。僕、見てたんです。松本さんはしゃべってはる。(赤ちゃんが)求めて行って……咥えに行ったんですよ。それでビャンビャンが口に入った。『何してんねん!』とか言うのかなと思って見てたら、ゆっくり目を閉じた」と語り、これにたむらけんじが「なんで?(笑) なんで受け入れてるの?」とツッコミ。

後藤は「(目を閉じたのは)そーっと、ゆっくりでしたね。でも会話は続けてました」と振り返った。

ナリナリドットコム

「松本人志」をもっと詳しく

「松本人志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ