観光資源豊かな八戸市 市全体を博物館に見立てる構想

12月2日(土)16時0分 NEWSポストセブン

館鼻岸壁朝市は全長800m、約300もの店が並ぶ日本最大級の朝市

写真を拡大

 青森県の南東部に位置し、三陸復興国立公園・種差(たねさし)海岸を有する青森県八戸市は水産都市。一方で雪国の厳しい環境の中で生まれた食や生活スタイルを市内散策しながら学べるツアーも大いに盛り上がっている。


 太平洋に面し、階上岳(はしかみたけ)などの山々に囲まれた八戸市。漁業も盛んだが、臨海部には製紙工場などがあり、北東北最大級の工場都市でもある。


 そんな八戸では2002年、東北新幹線八戸駅の開通をきっかけに、観光資源の価値を再発見するフィールドミュージアム構想が持ち上がり、今、活気にあふれている。これは、市内全域を“屋根のない大きな博物館と捉える”というものだ。


「八戸にはこれまであまり知られていない観光資源が豊富にあります。それを、街、渚、田園、祭り、歴史文化、食彩、産業、物産の8つに分けて、市全体を1つの博物館に見立てています。近年は祭りなどのほか、食文化などの観光にも力を注いでいます」(『八戸市 まちづくり文化スポーツ』観光部の馬場正泰さん・以下同)


 また、八戸はいかの水揚げ量が日本一で、さば漁なども盛んなことから、毎日、朝市で新鮮な魚介類を販売している。だが“ヤマセ”と呼ばれる、湿った冷たい海風の影響で米が採れないため、冷害にも強い小麦やそばが作られるようになり“南部せんべい”や“そばかっけ”などの郷土料理が生まれたという。


「多くの漁師が暮らす中で発展した文化も数多く残っています。海から上がると漁師たちは冷えた体を温めるために銭湯を利用します。そのため市内の銭湯は朝から開いており、朝市とともに名物になっています。ひと仕事終えた漁師の楽しみは、酒場で飲むお酒。漁師文化は彼らが通う酒場で育まれてきたのです」


 この漁師文化をはじめ、ガイド付で街歩きをするツアーや、厳しい気候の中で生まれた郷土料理を地元の人から教わる里山体験などが盛況だ。


※女性セブン2017年12月14日号

NEWSポストセブン

「観光」をもっと詳しく

「観光」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ