奥手なオードリー若林の背中を押した「彼女のひと言」と「破局経験」

12月3日(火)6時0分 アサ芸Biz

若林正恭

写真を拡大

 お笑いコンビ、オードリー若林正恭が、15歳年下の看護師と「いい夫婦の日(11月22日)に入籍した」と24日のラジオ放送で明かした。

 新妻とのなれそめは、今年3月に知人の作家の紹介で出会い、8月に若林から「俺と付き合ってくれないか」と告白したという。今年8月には、多忙を理由にすれ違いになるのはイヤだから「一緒に住もう」と提案。新居探しをしている時に「オレ、やばい人間に見えるでしょ? 1年くらい確かめたいよね?」と言ったら「確かめなくていい」との返事だったので、それなら「結婚となりますよ?」と、ちょっと変わったプロポーズとなったそうだ。

「女性に対して奥手な若林は、すれ違いが原因で女優の南沢奈央と去年、破局しました。ですから“同じ轍は二度と踏まない”との覚悟で、同居を提案したのでしょう。それを受けて、女性も覚悟を決め“確かめなくていい”と言ったのは逆プロポーズに等しい。若林のような引っ込み思案な男にとって、こんな風に女性からそっと背中を押されたら嬉しいでしょうね。だから、スピード婚になったんだと思います」(女性誌記者)

 南沢との破局が、今の幸せにつながったようだ。

アサ芸Biz

「オードリー」をもっと詳しく

「オードリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ