武田鉄矢がついに生徒“メル年ペイ組”ヒカキン先生

12月3日(火)13時46分 日刊スポーツ

HIKAKIN先生(右)指導の元、「メルペイスマート払い」を体験した武田鉄矢

写真を拡大


俳優武田鉄矢(70)ユーチューバーHIKAKIN(ヒカキン=30)が3日、都内で、「メルペイスマート払い」新CM発表会に出席した。
メルペイは同社が運営するスマホアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス。利用の際チャージの手間がなく、使った分だけ翌月まとめて支払う同サービスの促進とキャッシュレスの浸透を目指している。
「キャッシュレス決済から逃げ回っていた」という武田。「我々世代はズボンのポケットのどこに何を入れるかが決まっていて、その重さを感じるところから1日が始まる。その重さがないと気持ちが悪い」と話した。だが、「支払いで後ろに長い長い列ができてしまい、きれいなお嬢さんが深いため息をついたときにはちょっとね…」とエピソードを話した。
ドラマ「3年B組金八先生」では長い間先生を演じてきたが、新CMではHIKAKINが先生で武田は生徒。立場が逆転した。「長いこと教える立場だったけど、定年後は“教えられる”をテーマにして生きていこうと思った矢先のことだった」と吐露した。
HIKAKINは「小さいころから先生を見ていたので、まさかコラボできるとは思わなかった。俳優さんと1対1で大丈夫かなという不安もありましたが、楽しく撮影できました」とほほ笑んだ。
この日、HIKAKIN先生指導の元、実際に同サービスを体験。「自転車に乗れたときの感動を思い出すね。古い言葉だけど『1人でできた!』という気分です」と感動した。
武田は「ダーウィンの進化論に『強いものが生き残ったのではない。変われるものが生き残ったのだ』という言葉があります。いくつになっても変われる自分を持っておきたいです。キャッシュレスに適応できる自分をなんとか見つけたい。同世代の方にもそう伝えたい」とアピールした。

日刊スポーツ

「武田鉄矢」をもっと詳しく

「武田鉄矢」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ