「人生で満腹を経験した事がない」 各大学から集まった猛者たちでタピオカ大食い対決

12月4日(水)17時40分 AbemaTIMES

 30日、AbemaTVで『大学キングダム』#3(毎週土曜21時〜)が放送。タピオカ大食い対決を征すべく、5大学が独特の作戦で人選を進め、地方局アナ内定者、アイドルグループのセンター、自称” 満腹知らず”の胃袋の持ち主など、個性豊かな戦士たちが熱い火花を散らして会場を盛り上げた。

 この番組は、「勝てば英雄、負ければ土下座」のキャッチコピーのもと、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、日本大学の5大学が激突。知力・体力・人脈を駆使し、毎回、あるお題に挑戦。リーダーが大学内から戦士を召集し、全6回の戦いで大学日本一を決める。MCはEXIT・兼近大樹、りんたろー。だ。

 #3のバトルテーマは、「タピオカキングダム」。制限時間30分で、タピオカが通常の約10倍入ったタピオカぎゅうぎゅう詰めドリンクを何杯飲めるか競う。

 早稲田リーダー・大野遼大は、400人以上が加入するタピオカサークル「TAPIO☆KAI」に声を掛け、予選会を兼ねたタピオカ大食いイベントを開催。タピオカドリンクを月250杯飲むタピオカ女王・吉薗侑未がぶっちぎりの勝利をおさめ、早稲田代表に決定した。

 慶應リーダー・堀池秀は、慶大生1万人が登録するアプリ「Penmark」の創設者・横山直明に協力を頼み、アプリを通じて大食い自慢の学生を募集。大盛りラーメンを食べてきたばかりなのに、学内オーディションで白玉1kgを完食した地方局アナ内定のさわやかイケメン・白石拓夢を選出した。

 日大の副リーダー・楠晴海は、学祭の大食いイベント出場者から情報をもらい、約1.5kgのカレーをたった6分で完食していた謎の男性を大捜索。7万人超という学生数の多さが災いし、なかなか目当ての学生にたどり着けなかったものの、楠本人がついに話題の男性・宇地原健吾を発見した。宇地原は「生まれてこのかた、(胃袋の)限界まで行ったことがない」と豪語。限界知らずの胃袋には、タピオカも無限に収まってしまうのか。

 上智のリーダー・茂木響平は、昨年のミスターソフィア準グランプリ・矢治拓弥をスカウト。矢治は岩手でわんこそば222杯をたいらげた記録を持つ大食いだそう。矢治は茂木の目の前で10個のハンバーガーを瞬殺し実力を証明。ハンバーガー王子・矢治が、上智を初の勝利へと導くのか。

 他の大学が、主にネットワークを駆使して大食い戦士を見つけ出す中、東大リーダー・二宮陽二郎はまず「どんな人が大食いに向いているのか」を考察。その上で医学部生からも助言をもらい、女性にターゲットを絞って学内で地道にスカウト活動を展開した。その結果、アイドルコピーダンス集団「東大娘。」のセンターで、今年のミス東大のファイナリスト・中澤莉佳子に行き当たることに。どう見ても華奢な美少女といった風貌の中澤だが、「東大で一番食べられるのは私」と自信満々の様子を見せた。

5人中2人が女性という顔ぶれになったタピオカキングダム。いざ勝負が始まると、EXITの2人が思わず唖然とする結末が待っていた。この戦いを征したのは、一体どの大学なのか。

▶動画:各大学から集まった猛者たちでタピオカ大食い対決!

▶動画:“ポストもえあず”誕生!? ミス東大ファイナリストの美少女が、大食いチャンピオンに君臨

AbemaTIMES

「タピオカ」をもっと詳しく

「タピオカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ