アンタッチャブル「全力!脱力タイムズ」で10年ぶりに復活に飛び交った歓喜

12月4日(水)18時14分 アサジョ

 11月29日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、およそ10年ぶりとなるお笑いコンビ・アンタッチャブルとしてネタを披露した柴田英嗣山崎弘也。柴田はこれまで同番組に出演するゲストから「アンタッチャブルが好き」と言われると、コウメ太夫やお笑いコンビ・フォーリンラブのバービーなどが番組終盤に“相方”として登場していたが、この日は“相方”として小手伸也が登場。2人で漫才を披露するも、小手が「ちょっとネタが飛んじゃって」と言い、その後、本物の相方である山崎が登場した。山崎の登場を知らなかった柴田は「バカだめだって、お前。違うってマジで。いやいや、エアフリスクしているし。ちょっと待って本当に。おいおいおい、ちょっと待てよ」と見るからに嬉しそうな様子で大興奮。「ちょっと、この番組でやるの?」と戸惑いながらも、着ていたジャケットを脱ぎ捨てセンターマイクに2人で並んだ。山崎が「加藤さん」と因縁の相手・ファンキー加藤の名前を出し、柴田を軽くイジりながらの漫才スタートとなった。

「柴田はそのイジリを喜んで受けているように見えました。ネット上でも『すごいビックリ! 見てて緊張した』『柴田がマジ嬉しそうで、見てて泣きそうになった』『ザキヤマが照れ臭そうにしてるように見えてほほえましかった』『10年ぶりとは思えない! やっぱこの2人のかけ合いおもしろい!』といった声が続出。また、ちゃんとしたお笑い番組ではなく、この番組で10年ぶりにコンビ復帰したことに対する疑問の声も続出しています」(女性誌記者)

 涙をにじませているように見えた柴田と山崎。約10年のブランクを感じさせないあたり、さすが「04年M‐1」王者と言えよう。

アサジョ

「アンタッチャブル」をもっと詳しく

「アンタッチャブル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ