中国でNintendo Switchが12月10日正式発売。代理店契約を結ぶテンセント社が販売

12月4日(水)20時4分 電ファミニコゲーマー

 任天堂は12月4日(水)、中国における正規販売代理店契約を結んでいるテンセント社より、Nintendo Switchを2019年12月10日に希望小売価格2,099元(32000円)で発売する発表が中国国内向けに行われたとニュースリリースで正式に知らせた。

(画像はテンセント社公式ページより)

 中国国内でのNintendo Switchの発売については、テンセント社が中国・広東省の当局に販売認可を申請し、当局側は『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』の販売とともに許可したことをロイター通信などのメディアも報じている。

(画像はテンセント社公式ページより)

 中国では、家庭向けゲーム機の製造・販売を2000年から約15年にわたり禁止してきた経緯があり、ゲーム市場はPC向けやスマートフォン向けが中心となっている。PlayStation 4やXbox Oneは先行して中国国内での販売が許可されたが、どちらもリージョンロックによって機能を制限されている状態だ。また、すでに中国の大手通販サイトであるタオバオワンなどでは、海外版のNintendo Switchが輸入業者によって販売されている実態もある。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ