藤田ニコル「裏でこそこそ、いろんなことを...」 晴れ着姿で「2020年に新しい報告できそう」

12月4日(水)17時2分 J-CASTニュース

11人の女優があでやかな振袖姿を披露した。左から是永瞳さん、宮本茉由さん、井頭愛海(まなみ)さん、本田望結(みゆ)さん、吉本実憂さん、小芝風花さん、岡田結実(ゆい)さん、井本彩花さん、尾碕真花(いちか)さん、川瀬莉子さん、藤田ニコルさん

写真を拡大

芸能事務所のオスカープロモーションが2019年12月4日に恒例の晴れ着撮影会を東京・元赤坂の明治記念館で開き、15〜24歳の若手女優11人が、あでやかな振袖姿で19年を振り返った。

藤田ニコルさん(21)は、黒地にパステルカラーの振袖で登場。バラエティー番組やモデル、ブランドのプロデュース以外にも「裏でこそこそ、いろんなことをやっていて、2020年に沢山新しい報告ができそう」と話しつつ、「2019年を漢字1文字で表すと?」という質問には「積」の字を挙げた。その心は「色々裏で『積む積む』してます」。新年に向けた「積み重ね」をアピールした。




バラエティーで活躍しているのに「はっちゃけたい。殻に閉じこもっているので」




赤い振袖姿の岡田結実(ゆい)さん(19)は「2020年は大人になるので、はっちゃけたい。殻に閉じこもっているので...」。岡田さんはバラエティー番組で人気なだけに、周辺からは「十分はっちゃけてる」と突っ込まれた。岡田さんが挙げた19年の漢字は「響」で、その意図を


「いろんな人に影響されて、それがすごくいい方向に、自分の中で変わってきたと思う、それと最近知覚過敏になって『響く』なあって...」

などと説明。父親でお笑いコンビ、ますだおかだ岡田圭右さん(51)が11月26日に再婚を発表したばかりだが、特に言及はなかった。



青地の振袖の小芝風花さん(22)は、首都直下地震を想定したドラマ「パラレル東京」(NHK)でキャスター役を演じ、「そこらの女子アナより上手い」などと話題になったばかり。19年という1年を「真」の1文字で表現し、その思いを


「今までも役に真面目に向き合ってきたつもりでしたが、今年は、今放送中の「パラレル東京」(NHK)でもそうですし、本当に真摯に向き合わないといけないことが、すごく多い。役柄に関しても漫才師、ラッパー、アナウンサーなど、前から準備して向き合わないといけないことが多かった」

などと語った。




本田望結「2020年はJKになって義務教育も終わるので...」




フィギュアスケートの選手としても活躍する本田望結(みゆ)さん(15)は、ブルーグリーンの振袖で登場。3年連続の全日本ジュニア選手権への切符を逃したが、「その分、来年に向けた目標がすぐに決まったので、それは良かった」と前向きだ。


「2020年はJK(女子高生)になって義務教育も終わるので、ちゃんと自己管理して頑張らないと」

と意気込んだ。


撮影会には、他にも吉本実憂さん(22)、宮本茉由さん(24)、尾碕真花(いちか)さん(19)、是永瞳さん(24)、井本彩花さん(16)、川瀬莉子さん(22)、井頭愛海(まなみ)さん(19)が出席した。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「藤田ニコル」をもっと詳しく

「藤田ニコル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ