神田沙也加 出産計画の相違で離婚…元夫のブログ発言が物議

12月4日(水)19時1分 女性自身

女優の神田沙也加(33)が12月4日、ブログを通じて離婚を発表した。さらに同日、元夫で俳優の村田充(42)もブログで発表。その離婚理由に否定的な声が上がっている。



ブログで神田は《突然のご報告ではございますが、私、神田沙也加は、村田充さんと離婚しておりました事をご報告いたします》と切り出した。離婚理由については《結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした》と告白。続けて《何度も歩み寄りを試みましたが、わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました。その結果、別々の人生を歩むという結論に至りました》とつづった。



「舞台やミュージカルに注力している神田さんは、17年に出演した『キューティ・ブロンド』での実力が認められ、第43回菊田一夫演劇賞を受賞。翌年には『マイ・フェア・レディ』で主演に抜擢されるなど、30代に入ってから仕事が順風満帆に。いっぽうで、子ども好きな神田さんは出産願望もありました。ですが、幼少期に寂しい思いをした経験から『子どもが出来たら芸事は辞める』とも公言していました。『アナと雪の女王2』にも前作と同役の声優に再抜擢されただけに、神田さんにとって妊活のタイミングは“今”ではなかったのでしょう」(舞台関係者)



いっぽうで、村田のブログでは離婚理由についてこうつづられていた。



《子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず、互いを尊重し、前を向いてそれぞれの人生を歩むという結論に至り、今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました》



しかし、村田が出産計画に対して「前向きになれなかった彼女」と表現したことがネットで物議を醸しているのだ。



《子供を産まない=後ろ向きかのような言い分嫌だなあ。 価値観が合致しないとき、相手を「間違ってる」かのように捉えるのってアリがちだけど残酷。 相手には相手の事情や考え方があるのだから… そもそも今の日本社会で 女性が子供を持つことの大変さわかってるかなあ》

《「子供が欲しかった自分と、前向きになれなかった彼女」って。 そういうのって結婚するときに話したりしないのかな? それに子供産まないことが後ろ向きなこと=ダメなことみたいに聞こえてちょっとひっかかってしまった。なんか悲しいなって思った》



さらに出産は女性にとって大きな影響を与えるライフイベント。そのため「男性と女性の捉え方が違うのでは?」との声も。



《神田沙也加さんの離婚原因なんかモヤる…。 「子供を持たない」っていうのは個人の1つの考え方なんだから、それに対して前向きも後ろ向きもないと思うんだけど。 子供を持たない イコール 後ろ向きって考えの男ってヤダな。そもそも妊娠って圧倒的に女性負担なのに、自分勝手すぎる》

《いま仕事がいい時期で、仕事が大好きで、 子供を産む期間にどうしても仕事をストップさせるということに抵抗があるのでとてもよく分かる》



村田には彼女たちの切なる声が響いているのだろうか——。

女性自身

「村田充」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「村田充」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ