松本人志、吉本大揺れの1年…『笑っては—』で「みんなで楽しく終われたら」

12月4日(水)18時0分 マイナビニュース

お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が4日、東京・汐留の日本テレビで行われた同局系バラエティ特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(31日18:30〜24:30)の会見に出席し、今年にかける思いを語った。

今年は、ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)、月亭方正ココリコ(遠藤章造、田中直樹)の5人が新入生となり、「県立ヘイポーお豆ヶ丘高校」で大物タレントがふんする理事長との対面や訓練など、様々な授業を体験。数々の笑いのトラップに笑ってしまうと、お尻を叩かれるお仕置きを受けることになる。

大みそかで14回目の放送となる同シリーズだが、過酷な罰を受けてきた松本は「本当に最後にふさわしい出来になったんじゃないかと思います」と、毎年恒例のファイナル宣言。
また、「笑ったら叩かれるとは思ってなかったので。ちょっと気持ち的にバタバタっとしたんですけど」「すごい人たちがいっぱい出てきて、面白いことやって、笑ったら叩かれるって…。まだ自分の中で整理ついてない」ととぼけ続け、「笑っても叩かれないようにしてほしい。笑ってもいいようにしてほしい」と要望した。

ただ、「今でこそ笑っておケツ叩かれるようになりましたけど、数年前は吹き矢で(お尻)刺されてましたからね」と、お尻がブツブツになっていたことを回想。「そういう意味では、少しずつ道徳心が生まれてきたのかな」とスタッフを評価した。

今年は闇営業や申告漏れなど、吉本興業をめぐってさまざまな騒動が起こったが、松本は「(1年を)振り返りようがない。振り返りだすと、首が痛くなるくらい振り返らないと。(首が)1周回っちゃうかもしれない」と出来事の多さを表現。その上で、「でも最後せっかくなんで、みんなで楽しく終われたらいいなという思いではやってましたけどね」とまとめ、浜田も「同じです」と同意していた。

マイナビニュース

「松本人志」をもっと詳しく

「松本人志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ