ドレイク10年間で280億回 音楽配信回数トップ

12月4日(水)8時4分 日刊スポーツ


音楽配信サービス「Spotify」が、「過去10年間で、最もストリーム配信回数が多かったアーティスト」を発表。米ラップ歌手ドレイクが280億回の配信回数でトップを飾った。
以下、トップ5は2位にエド・シーラン、3位にポスト・マローン、4位にアリアナ・グランデ、5位にエミネムがランクされた。
また、「過去10年間で最も配信回数が多かった楽曲」では、エド・シーランの「Shape of You」がトップに。以下、2位はドレイク、カイラ、ウィズキッドの「One Dance」、3位は21サヴェージとポスト・マローンの「rockstar」、4位はホールジーとザ・チェインスモーカーズの「Closer」、5位はエド・シーランの「Thinking out Loud」となっている。
続いて、「2019年に最も配信回数が多かった楽曲」では、カミラ・カヴェロとショーン・メンデスによる「Se■orita」がトップを獲得。2位はビリー・アイリッシュの「bad guy」、3位はポスト・マローンとスワエ・リーによる「Sunflower」、5位はアリアナ・グランデの「7 Rings」となっている。
なお、「2019年に最も配信回数が多かったアルバム」では、17歳でデビューし、世界的に注目されているポップスター、ビリー・アイリッシュのデビューアルバム「When We All Fall Asleep, Where Do We Go ?」が1位となっている。(ニューヨーク=鹿目直子)
※■はチルダ付きのn

日刊スポーツ

「音楽配信」をもっと詳しく

「音楽配信」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ