紅蘭、大腸ポリープ手術の結果を報告「綺麗に切除」

12月4日(水)9時26分 日刊スポーツ

紅蘭(2017年3月9日撮影)

写真を拡大


俳優草刈正雄の長女でタレントの紅蘭(30)が、大腸ポリープの切除手術後の検査結果を報告した。
紅蘭は3日、インスタグラムを更新し、「ポリープ切除してから結果がでました。私のポリープは腫瘍ポリープでした!」と報告。「全て綺麗に切除できたのでとりあえずは安心しました 定期的に検診を受けます!」とした。
紅蘭は先月11日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判! 秋の芸能人余命宣告スペシャル」に出演した際、大腸の内視鏡検査で1センチを超えるポリープが見つかり、がん化する可能性が高いと医師から診断され、18日にインスタグラムで「先日、大腸ポリープ切除手術してきました」と報告していた。
今回の経験から「私が言うのもあれだけど、、年齢関係なしにみんなも検査に行ってみてほしい! 自覚症状がなかったりするから本当に気付きにくいとおもう。みんなにも検診の大変さ共有したかった!」と定期検診を呼びかけ、「本当に早期発見できて番組にはとてつもなく感謝です」とつづった。

日刊スポーツ

「ポリープ」をもっと詳しく

「ポリープ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ