【スタバクリスマス】“クッキーストロー”に”ポテチ”、甘&しょっぱいご褒美フラぺチーノ誕生秘話

12月4日(水)9時30分 オリコン

2019年のホリデーシーズン最後を飾る『サンタブーツ チョコレート フラペチーノ』(C)oricon ME inc.

写真を拡大

 12月より、クリスマスシーズン限定のドリンクを展開しているスターバックス コーヒー(以下、スタバ)。第1弾、第2弾に続き、本日4日からはホリデーのラストを飾る『サンタブーツ チョコレート フラペチーノ』が発売する。チョコレート、クッキー、ポテトチップが入った新作のテーマは「プレゼントのリボンをほどく瞬間」。幼い頃に、大好きなお菓子が詰まったサンタブーツをもらった時のワクワクした瞬間を表現している。日本のスタバ初登場の“ストロー型クッキー”のこだわりについて担当者に聞いた。

■モチーフは“キャンディケイン” 開発期間1年かけたこだわりとは

 フラペチーノとは別添で提供される、カラフルなクッキーストロー。ツリーのオーナメントとしても登場する、赤白の縞になったステッキ型のキャンディ“キャンディケイン”をモチーフとしていて、クリスマス気分を盛り上げてくれる。このクッキーストロー、日本のスタバでは初めての“食べられるストロー”だ。
「何年か前にアメリカで販売された頃から、日本でもぜひ取り入れたいと考えていました。フラペチーノを飲み終わるまで溶けたり、折れたりしないように、1年ほど前から打ち合わせを重ねて完成させました」(開発担当者)

 想像よりもしっかりしたストローは、フラペチーノはもちろんトッピングのポテトも吸い込めるワイドストロー仕様。好きな場所に差し、ホイップクリームやフラペチーノを絡めて食べみることもできる。飲む人の好みで楽しめるよう、1つ1つ個包装となっている。

■チョコにポテチ…カロリーは気にせず飲んでほしいご褒美フラぺ

 そんなクッキーストローと相性抜群のベースは、チョコレートフレーバー。サクサクした食感のチョコレートチップと、チョコレートソースがたっぷりとブレンドされている。カップ表面には、チョコレートソースの濃淡で模様が描かれているのもこだわりだという。
「大好きだけど、カロリーを考えて普段は飲むのを控えているお客様にも、ホリデーのご褒美として楽しんでいただけたらという想いを込めました」(開発担当者)

 ベースの上にトッピングされたポテトチップも大きなポイント。ソルティーな味わいはチョコレートとの相性も抜群で、ザクザクの食感がいいアクセントに。最後まで飽きずに楽しむことができる。塩気のあるものをフラペチーノにトッピングするのは珍しい試みだそう。ホイップにはレッドパールチョコレートもトッピングされ、見た目にも華やかなホリデーカラーに仕上がった。

 中に混ぜ込まれたチョコレートチップと、ホイップは無料で増量が可能。さらに、エスプレッソを追加(+50円)すると、よりビターな味わいを楽しむことができる。

 『サンタブーツ チョコレート フラペチーノ』はTallサイズのみ税抜690円。12月4日〜12月25日まで、一部店舗を除く全国のスターバックスで発売(なくなり次第終了)。

オリコン

「スタバ」をもっと詳しく

「スタバ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ